【婚活】知人からの紹介=デメリットばかり&うまくいかない可能性が高い!

【婚活】知人からの紹介=デメリットばかり&うまくいかない可能性が高い!

投稿日:

The following two tabs change content below.

Seira Tadokoro

28歳の時に結婚相談所を通じて1年ほどで結婚。自分の体験記を交えて、結婚相談所・婚活に関する情報を発信しています。

結婚したいという気持ちはあるのに、現状は恋人すらいないという場合、『良い人と出会いたい…』と切に願っているはずです。しかしながら、仕事に忙殺される日々を過ごしている方、婚活仲間が周りにいないという方であれば、『そもそも出会いがない』と感じているかと思います。

そして、その現状を打開するためにも、知人から異性を紹介して貰おうか迷っている方もいるのではないでしょうか。

婚活パーティーにわざわざ参加をするとなると、時間もお金も費やさなければなりませんし、そもそも一人で参加をするのには勇気がいるはずです。かといって、婚活サイトでも、『お金を払って全く婚活が進展しなかったらどうしよう…』という不安が先行して、中々一歩を踏み出しにくいかと思います。

ただ、知人からの紹介であれば、気軽に出会う事が出来るだけでなく、あなたの事を知った友人からの紹介となるため、上記の婚活方法よりも、自分と合っている方、年の近い方と知り合える可能性は高いです。そのうえ、久しぶりに知人とも話が出来るため、婚活を始めるきっかけとしては、一番試しやすい方法だと言えます。

こうして書くと、知人からの紹介=恋活・婚活に良い事尽くしだと感じるかも知れません。

ただ、良い事だけでもないのが現状ですし、恋がうまくいかない可能性が高いので、実際の所は、恋活・婚活に効果的かどうかは疑問符が付いてしまいます。

スポンサードサーチ

知人からの紹介きっかけのデメリット

知人との関係に傷が入る可能性がある

友人が、あなたの全てを理解して、理想の異性を紹介してくれるのであれば、問題はありませんが、たとえ旧知の中である友人からの紹介であっても、100%自分に合った異性を紹介される事はありません。そのうえ、『この人は、、、』という方も紹介される可能性を孕んでいます。

ただ、せっかく紹介して貰ったのに、恋愛関係に発展しないとなれば、『紹介してと言ったから紹介したのに…』と、相手は思ってしまいますし、仮に恋愛関係に発展したものの、別れたとなれば、友人に会うのが気まずくなるかと思います。

友人も、口では、「しょうがないよ」、「また別の人を紹介するね」といったように、優しい言葉を投げてくれるとは思いますが、自分が友人の立場だった場合、残念な気持ちは感じるはずですし、怒りはしなかったとしても、「合わない人を紹介してしまった…」という後ろめたさは、少なからず感じるかと思います。ですので、善意で紹介してくれた友人にも、気まずい思いをさせてしまう事になるのです。

出会える人数が限られる

婚活パーティーの場合、少なくとも10名以上の異性と一斉に出会う事が出来て、やり取りが出来ます。婚活サイトでも、登録者の数だけ出会いの数があります。ただ、知人からの紹介の場合、紹介してくれた1名のみとしか出会えません。

別々の友人に、それぞれ「良い人を紹介して!」と連絡をすれば、出会いの数を増やす事は出来ますが、それはそれで非常に骨の折れる作業であるとともに、友人から煙たがられる可能性もあります。そのうえ、そんな”ローラー作戦”のような事をしたとしても、婚活パーティー一回分の出会いよりも少ないのは明白です。

そして、出会いの数が多ければ多いほど、当然結婚できる可能性は高まります。確かに、自分の性格をある程度理解したうえでの紹介&同年代からの紹介であるため、性格の合った同世代を紹介して貰える可能性はあります。

ただ、上述したように、どんなに仲のいい友人・知人であっても、あなたが結婚相手に求める条件まで理解している方は少ないはずですので、『この人は、、、』という方も紹介される可能性もあります。もしも、微妙な方を紹介された場合、黙って婚活サービスを利用しておけば良かったと嘆くはずです。一人に絞っての婚活ではない分、すぐさま次の出会いに切り替えられるためです。

友達に恋愛状況を知られる可能性が高い

また、知人からの紹介=友人の友人ですので、紹介してくれた友人/知人に、恋愛状況が筒抜けになる可能性は高いです。週末にどこに行ったのか、恋人の前ではどんな表情なのか、どこまで恋が進んだのか等々、友人には聞かれたくないような事まで、漏洩する可能性があるため、粛々と恋愛を進めたいという方の場合、知人からの紹介きっかけの恋活・婚活は不向きだと言えます。

スポンサードサーチ

知人からの紹介=うまくいかない?

知人からの紹介きっかけの既婚者の割合

知人からの紹介きっかけの恋活・婚活のデメリットを書いていきました。中には、「自分には向かない」、「うまくかなかった時の代償が大きい」といったように、ネガティブに感じた方もいるかも知れません。ただ、知人からの紹介きっかけの既婚者の割合を見てみても、婚活として試すべきではないと感じるはずです。

というのも、誰もが一度はCMを見たことがある某大手結婚雑誌の調査では、友人/知人からの紹介きっかけで結婚した方の割合は、3割未満という結果が出ているのです。この統計からも分かる通り、紹介きっかけの恋はうまくいかないで終わる可能性が高いのです。

恋愛に自信がない方はやめとくべき訳

そして、恋愛に自信がない、恋愛経験が多いとは言えないという方の場合、尚更 知人から紹介して貰うのはやめとくべきです。というのも、たとえ出会いの場を提供して貰ったとはいえ、恋愛をするのはあなたですし、関係を深めていくのもあなた自身の裁量です。

出会いの場さえ貰えれば、確実に相手を好きにさせる事は出来る、異性に喜ばれるデートをするのは得意だといった方であれば、知人からの紹介は、良い効果をもたらすものになるかと思いますが、恋愛に自信がない、恋愛経験が多いとは言えないという方の場合、紹介して貰った”だけ”となる確率が高く、知人との関係性に暗い影を落とす事になりかねません。

そのため、恋愛が得意ではないという方、例えば、異性とのデートはどういう所に行くのが良いのか分からない、そもそも異性と話すのが得意じゃない、人見知り&奥手な性格だという方の場合、迷わず婚活支援を介しての相手探しをするべきです。特に、結婚相談所であれば、百戦錬磨の婚活アドバイザーの方から、逐一アドバイスが貰えるため、”幸せな結婚を手にするため”の婚活が出来るはずです。

スポンサードサーチ

まとめ

知人からの紹介から、恋活・婚活を始めるのは、相手探しの方法の中でも、時間もお金も掛からない&気軽に始められる方法ではあります。ただ、上述したように、うまくいくかうまくいかないかは、相手を紹介してくれる友人と自分の恋愛力に掛かっています。そのため、人を選ぶ恋活・婚活方法だと言えます。その結果が、結婚まで至った数の少なさに出ているのだと思います。

そのため、結婚を前提としたお付き合いがしたいと考えているのであれば、何かしらの婚活サービスを利用するのが得策です。そして、百戦錬磨の婚活アドバイザーの方から、逐一アドバイスが貰える&登録会員が多いため、あらゆる婚活方法以上に出会いのチャンスがあるという点で、。先ほども書きましたが、結婚相談所の利用が一番結婚に近づく方法だと言えます。

「結婚相談所はぼったくりだ」、「堅いイメージがある」といったように、近寄りがたいと感じる方も多いとは思いますが、私も婚活の際に利用したオンライン結婚相談所であれば、婚活パーティーの参加費用と大差ない値段で相談&相手の紹介を受けられるため、結婚相談所の利用経験が無くとも、始めやすいサービスだと思います。

私が利用したところは、「スマリッジ」という相談所なのですが、同じ結婚相談所連盟に加盟をしている相談所の会員のプロフィールも確認する事が出来るため、非常に多くの方と接点を持つ事が可能です。※全国5万名以上のプロフィールを見る事が出来ます。

そのうえ、もしも、実際に利用してみて、「使わなければ良かった…」と感じた場合であっても、保証制度が付与されているため、お金の面で、頭を抱える事はありません。そのため、他の婚活方法以上に試しやすいはずです。

「全く出会いがない…」と嘆いていたところで、結婚する事は出来ずに置いてきぼりになるだけですし、「この人と結婚したい」と思える相手以外と出会った所で、正直言って無意味です。

結局のところ、後になって、「あの時、時間とお金を掛けてでも婚活をするべきだった…」と嘆くだけとなります。仮に、結婚できたとしても、幸せな結婚生活を送るという事を諦めざる負えなくなるのは明白です。

そのため、自分の良いなと思える異性と知り合える方法を実践するべきですし、スマリッジであれば、自分が指定した条件の方に絞って、接点を持つ事が可能ですので、結婚を前提としたお付き合いがしたいと考えているのであれば、最適な婚活方法だと言えます。

下記公式サイトにて、サービスの詳細確認&登録が可能です。

スマリッジの公式サイト↓

はじめる婚活 まじめな出逢い【スマリッジ】

記事下アドセンス

記事下アドセンス

-【婚活】知人からの紹介=デメリットばかり&うまくいかない可能性が高い!
-, , , , ,

Copyright© 結婚相談所情報局”マリマリ” , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.