“プラトニック”な婚活希望の方=結婚相談所が最適な理由 婚活情報

“プラトニック”な婚活希望の方=結婚相談所が最適な理由

投稿日:

The following two tabs change content below.

Seira Tadokoro

28歳の時にスマリッジを利用して1年ほどで結婚。自分の体験記を交えて、結婚相談所・婚活に関する情報を発信しています。

婚活を考えている方の中には、「婚前交渉(交際期間中のセックス)はちょっと…」、「精神的な繋がりを重視しているので、肉体関係は出来れば結婚してからの方が良い…」といったように、プラトニックな婚活がしたいと考えている方もいるのではないでしょうか。

とはいえ、人間誰しもが性欲はあるものですし、好きな相手とセックスが出来ないとなれば、男性側は、『交際しているのに何でダメなの』、『付き合っている意味がない』といったように感じてしまう事も無きにしも非ずです。そのため、『プラトニックラブでは、婚活が上手くいかないのでは…』と不安に感じている方も中にはいるはずです。

確かに、婚前交渉を禁じた場合、先ほど書いたような不満を男性は感じてしまい、その反動で浮気に走る方もいれば、その時点で交際を終了すると言ってくる方もいます。某サイトが調査した結果でも、プラトニックラブを肯定する意見は2割程度しかなく、多くの男性が、「セックスも大切」と意見しています。その事からも分かる通り、プラトニックラブを掲げての婚活は、思うようにいかない場合の方が多いのは事実です。

ただ、婚活の方法次第では、プラトニックラブを掲げていたとしても、不利にならずに成婚までたどり着く事が可能です。その方法というのが、結婚相談所の利用です。

スポンサードサーチ

プラトニックな婚活=結婚相談所が最適なワケ

そもそも婚前交渉を禁止している所が多い

結婚相談所を介しての婚活の場合、結婚相談所自体が、婚前交渉を禁止している場合がほとんどです。そのため、当然ながら登録会員の方も、婚前交渉禁止という事を理解したうえで相手探しをしています。また、性交渉に発展する可能性の高い「外泊」、「同棲」等も禁止している所もあります。

仮に、婚前交渉が発覚した場合、利用停止および規約違反に伴う罰則金の支払いが命じられる場合もあります。

結婚相談所が婚前交渉を禁止している理由としては、「交際してみたものの身体目的だった」、「授かり婚による急な結婚」といった事を防ぐためです。結婚相談所の場合、仮交際期間中は、複数人と連絡のやり取り、食事デートをする事が可能です。その際に、婚前交渉が禁止されていない場合、色々な女性と関係性を持ちたいという方にとっては、”楽園状態”となってしまうのです。

また、授かり婚が一概に悪いとは言いませんが、お互いの心の準備・関係性の構築が出来ていない状態で結婚する分、やはり離婚する可能性は上がってしまいます。結果的に、結婚したものの不幸になってしまっては、本末転倒ですので、『誠実な方との婚活および理想の結婚の実現』のために、婚前交渉を禁止している相談所が大半なのです。

そのため、プラトニックな婚活をしていても、誰ともお見合い出来ないという状況に陥る事も無ければ、理想の婚活を実現しやすいと言えます。

精神的な繋がりを重要視して相手探しをする方が多い

婚前交渉を禁止している事に加えて、結婚相談所を介して婚活をしようとする方は、他の婚活サービスを利用する方以上に、結婚に真剣になって考えている&良い結婚がしたいという気持ちが高いです。そして、人一倍結婚について考えている分、結婚相手=数十年先までの人生を一緒に添い遂げる相手になる事を十分理解しています。

そのため、自分の価値観を共有できる相手、一緒にいて気疲れしない相手、この人なら信頼できると思える相手といったように、精神的な繋がり、安心を求めて相手探しをしている方がほとんどなのです。

仮に「婚前交渉はちょっと…」といった場合であっても、性格の面でお互い”馬が合う”のであれば、問題ないと感じる方が多い傾向にあるので、プラトニックな婚活を掲げても不利にならないのです。

プラトニックな恋愛がアリな男性のみとやり取りできる

結婚相談所の相手探しは、専属でサポートしてくれるアドバイザーの方からの紹介がメインとなります。そして、紹介される相手というのは、担当のアドバイザーに相談をした内容、条件に合致した方となるため、「プラトニックな婚活を希望」と伝える事で、プラトニックな恋愛がアリな男性のみとやり取りする事が可能なのです。

婚前交渉禁止と掲げていたとしても、中には「バレなければ大丈夫」と考える人がゼロではないのは事実です。ただ、婚前交渉禁止という規約に加えて、アドバイザーにプラトニックな婚活がしたい趣旨を伝える事で、セックスを迫ってくる相手との婚活を完全シャットアウトする事が可能と言えます。

スポンサードサーチ

相談しやすい結婚相談所

オンライン結婚相談所=相談しやすい

上述したように、プラトニックな婚活がしたいのであれば、結婚相談所が最適な婚活方法と言えます。とはいえ、結婚相談所を利用するのが初めてだという方の場合、「アドバイザーに面と向かって相談するのは恥ずかしい」、「あまり人と話すの苦手」だという方の場合、たとえプラトニックな婚活に適している方法だとしても、相談をするのが億劫なはずです。

ただ、オンライン結婚相談所であれば、電話・メールでの相談が出来るため、担当アドバイザーの方と顔を合わせる事なく、相談する事が可能ですし、人と話すのが苦手だという場合であっても、文面にて相談が出来るため、より自分の悩みをストレートに伝えられるかと思います。

当然、自宅から相談が出来るため、誰かに相談内容が聞かれる事も無ければ、結婚相談所に入る所を誰かに見られる事もないので、アドバイザーと自分だけの状況で常に婚活が可能です。

費用対効果が高い所は○○!

中でも、「スマリッジ」の場合、相談に乗ってくれるアドバイザーの方全員が、カウンセリングの資格保有者&結婚相談所でのアドバイザー歴が複数年あるという方になりますので、オンラインだからといって、粗悪なサポートをされるという事はありません。



かくいう私も、28歳の時にスマリッジを通じて、無事に結婚をする事が出来ました。

私は、不安を感じた時は、その都度電話で相談をしていたのですが、電話が繋がらないという事がほとんどなかったですし、電話に出なかった時は、すぐに折り返しをくれたので(だいだい10分以内にはレスポンスが返ってきました。)、婚活に関するいろいろな事を相談出来て良かったです。料金面を考慮した場合、他の相談所と比べて、費用対効果は絶大だと言えます。

実際に使ってみて感じたメリットは下記記事に書いています。

【感想】20代後半(アラサー)がスマリッジを利用して感じたメリット5選

スポンサードサーチ

まとめ

冒頭でも書いたように、プラトニックラブに関して、男性側は否定的な意見を持っていますので、普通に恋愛をしたとしても、プラトニックラブを実現するのは非常に難しいというのが現状です。

そのため、プラトニックな婚活がしたい、精神的な部分で合う方を見つけたいというのであれば、迷わず結婚相談所に相談をするのが吉です。

今や、婚活サービスによる結婚は、増加の一途をたどっています。ゼクシィ調べでは、社会人の出会いの4割が、婚活サイトやアプリ、結婚相談所といった婚活サービススタートとの事ですし、恋愛結婚以上に、相手の条件をシビアに考える分、結婚後も上手くいく事が多いです。

そのため、結婚したい…という今の悶々とした気持ちを持ち続けるくらいなら、婚活を始めるべきですし、プラトニックな婚活を実現したいのであれば、実現させやすい仕組みが既に作られている婚活方法を実践するべきなのです。

下記公式サイトにて、サポートの詳細&申し込みが可能です。

スマリッジの公式サイト↓

婚活初心者大歓迎!【スマリッジ】

記事下アドセンス

記事下アドセンス

-“プラトニック”な婚活希望の方=結婚相談所が最適な理由, 婚活情報
-, , , , ,

Copyright© 結婚相談所情報局 , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.