マッチングアプリの利用=婚期を逃すと言える三つの要因

マッチングアプリの利用=婚期を逃すと言える三つの要因

更新日:

The following two tabs change content below.

Seira Tadokoro

28歳の時に結婚相談所を通じて1年ほどで結婚。自分の体験記を交えて、結婚相談所・婚活に関する情報を発信しています。

「寝る前の寂しさが辛い」、「良い出会いがない」、「恋人いない歴が数年…」といったように、結婚について考えてはいるものの、現状その気配が全くないといった方の中には、マッチングアプリの利用を検討している方もいるのではないでしょうか。

かつては、ネットでの出会いと言うと、出会い系サイトのように怪しいイメージがありましたが、今では有名人がプロデュースをしたマッチングアプリや、テレビやネットの広告でよく見かけるマッチングアプリなど、健全化が進み、市民権を得たといっても過言ではありません。

現に、周りにマッチングアプリを利用している・利用した事があるという方は、非常に多いかと思います。

そのため、全く恋人の気配がない現状を打破するためにも、マッチングアプリを利用したいと考える気持ちも分かります。

とはいえ、マッチングアプリ=婚期を逃す要因になりかねませんので、結婚を考えたお付き合いがしたいという方は、マッチングアプリの利用は避けるべきです。

今記事では、

・マッチングアプリ=婚期を逃すと言える理由

・結婚を考えている方向けの婚活サービス

 

上記について書いていきます。

スポンサードサーチ

■マッチングアプリの利用=婚期を逃すと言える三つの要因

結婚を考えて利用する人は少ない

マッチングアプリは、その名の通り、アプリをインストールするだけですぐに始められ、多くのユーザーが登録をしている分、良いなと思える人と出会えるチャンスがあるのは事実です。

とはいえ、結婚を前提とした交際が出来る相手を探すために利用する人は少ないのが現状です。

つまり、仮に出会えたとしても、「自分だけが真剣交際のノリで、相手は単なる遊び目的だった…」という事になる可能性が非常に高いのです。

やはり、誰でもすぐに始められるうえ、ターゲットとしているユーザー層が、20代前半であるため、「暇つぶしで」、「話せる相手を探している」、「セフレ探し/パパ活目的」、「恋人は探しているけど、婚活みたいにガチではない」といったように、利用目的は様々です。

そのため、婚活目的で利用したとしても、上記のような遊び目的な人とも、無駄なやり取りをする羽目となり、かえって婚活疲れを引き起こす原因にもなりかねないのです。

マッチングアプリきっかけの結婚率の低さ

また、マッチングアプリきっかけの結婚率の低さを見ても、婚活には不向きなのが分かるかと思います。

市場調査メディアのホノテ(※ネットマーケティング・リサーチ会社のマクロミルが運営元)が、マッチングアプリの利用経験者1,000名に調査をしたところ、『マッチングアプリきっかけで結婚をした方の割合=7.7%』と非常に低い結果が出ました。

その結婚率の低さもさることながら、もっとも多かった回答は、『1度会ったきりで、連絡は取っていない』ですので、仮に婚活として、マッチングアプリを活用したとしても、『場当たり的に寂しさを紛らわす事は出来ても、現状から一歩も進まない』という事になりかねません。

仮に、何度も会ってカップルになれたとしても、その後に結婚に至る可能性は、上述した調査結果の通り極めて低いです。

そのため、交際→破局→マッチングアプリに再度頼る→交際→また破局といったように、結果的に、年齢だけを重ねて結婚出来ずに売れ残る事になる恐れがあるのです。

婚活疲れによるモチベーション低下

先ほども書いた通り、マッチングアプリは、気軽に利用ができる分、多くのユーザーが登録をしています。

そして、かつての出会い系サイトのように、メッセージを送るたびにお金を払わなければいけないという制度もありません。

そのため、誰彼構わずひっきりなしにメッセージが飛んでくる事もあるのです。

かっこいい(綺麗)な人や、良いと思える人からのメッセージであれば、毎日を彩るものになりますが、上記の通り、マッチングアプリの利用者の目的は様々です。

セフレ作りのために登録をしている人もいれば、暇つぶしにメッセージを送ってくる人もいます。そういった方の場合、平気で卑猥なメッセージを送ってきますし、不快に感じる文章を送る人もいます。

その結果、「メッセージをいちいち見るのも面倒」といった思考となり、気付いたらマッチングアプリを開かなくなっていたという事態となってしまうのです。

そうなってしまえば、婚活どころではありません。来年再来年も、同じように独身のままなはずです。

スポンサードサーチ

■結婚を考えている方向けの婚活サービス

ネット婚活=オンライン結婚相談所がベスト

上述した通り、マッチングアプリ=婚活には不向きと言えます。

確かに、出会える数は期待出来ます。ただ、やり取りの出来るユーザーが選べない分、無意味なやり取りをしなければならない&真剣交際を求めている人が少ないため、結果として婚期を逃す事になってしまうのです。

そのため、結婚を前提とした真剣交際を望んでいるのであれば、ネット婚活はネット婚活でも、「オンライン結婚相談所」を利用すべきです。

オンライン結婚相談所は、数あるネット婚活のサービスの中でも、特にコストパフォーマンスに優れており、真剣交際を求めている人のみが在籍をしているので、もっともニーズに合致する婚活サービスと言えます。

中でも、「スマリッジ 」は、在籍者数5万名を超えており、万が一お見合いが出来なかった場合、全額返金保証を受ける事も可能です。

そのうえ、成婚退会までにかかる平均期間も5ヶ月と、他のネット婚活サービス以上に、スピーディーに交際に発展出来るのが最大の特徴です。

・要望に応じて毎月2〜4名を紹介

・専属のアドバイザーに電話・メールにて相談可能

・婚活サイトと同等の料金体系で利用可

 

かくいう私も、スマリッジ 経由で婚活をして、毎月3名の方を安定して紹介していただき、結果的に1年かからずに成婚退会を果たす事が出来ました。

個人的には、結婚を前提としたお付き合いがしたい…という方であれば、「利用して良かった」と感じる事の出来るサービスだと言えます。

※利用して感じたメリットやデメリットはこちらに書いています。

【感想】20代後半(アラサー)がスマリッジを利用して感じたメリット5選

公式サイトにて、サポートの詳細確認や資料請求、全額返金保証付きでの申込が可能なので、実際にどういったサポートをしてもらえるのかを確認したうえで、婚活に利用してみるか判断してみるのが良いかと思います。

◆スマリッジの公式サイト↓

はじめる婚活 まじめな出逢い【スマリッジ】

スポンサードサーチ

■まとめ

手軽に利用開始が出来る点、料金がさほどかからない点に魅力を感じて、マッチングアプリを婚活に利用しようとしているのであれば、結果として後悔するだけとなりますので、辞めるのが吉です。

やはり、結婚を前提としたお付き合いを求めるのであれば、多少費用は増えたとしても、それ相応のサポートを受けられるところを利用すべきです。

そして、オンライン結婚相談所の場合、マッチングアプリよりかは料金がかかるとはいえ、婚活サイトと同等クラスの価格で利用可能です。

そのうえ、カウンセリング資格を保有している一流のアドバイザーの方が、自分の伝えた条件にそって相手を紹介してくれる&常に相談をする事が出来ます。

そのため、最短距離で良いと思える人と交際に発展しやすいのです。

そして、上述したスマリッジ は、「月1万円以内で婚活がしたい」、「月1万円くらいなら婚活に充てても良い」と考えている方にとっては、最適な婚活サービスです。

結婚したいけど、その気配が全くないという現状に、焦りを感じているのであれば、試してみる価値のあるオンライン結婚相談所だと言えます。

スマリッジで変わる出逢い

記事下アドセンス

記事下アドセンス

-マッチングアプリの利用=婚期を逃すと言える三つの要因
-, ,

Copyright© 結婚相談所情報局”マリマリ” , 2021 All Rights Reserved Powered by STINGER.