マッチングアプリの利用=婚期を逃すと言える三つの要因

マッチングアプリの利用=婚期を逃すと言える3つの要因【良い人とは出会えません】

更新日:

The following two tabs change content below.

「恋愛がしたいのに全く出会いがない」、「周囲が結婚ラッシュにも関わらず、恋人すらいない」といったように、出会いが欲しいものの全く出会いに恵まれていないという方の場合、マッチングアプリを通じての出会いを考えているのではないでしょうか。

ご存知の通り、マッチングアプリ=スマホ一台でいろいろな人とやり取りが出来ます。

そのため、良い出会いに恵まれるのでは…!と魅力に感じる気持ちも分かります。

ただ、仮に”結婚を前提としたお付き合いがしたい…”、”長く付き合える相手を見つけたい”というのであれば、マッチングアプリは不向きです。

結果的に婚期を逃す事になりかねません。

今記事では、

◆マッチングアプリ=婚期を逃す恐れありと言える理由

 

上記について書いていきます。

スポンサードサーチ

婚期を逃す恐れありと言える理由

恋愛に結びつかない

一見すると、マッチングアプリ=多くの人とやり取りが出来るため、「すぐに恋人が出来るのでは」と感じるかも知れません。

ただ、実際はおよそ2人に1人が”1度会ったきりで連絡が途絶えている”という結果に終わっています。

実際に、マッチングアプリ利用者1,000人を対象としたアンケートの結果でもそれが出ています。

このように、実際のところは恋活/婚活には不向きなのです。

真剣交際出来る相手を探している方の場合、より”逆風”が吹き荒れています。

というのも、マッチングアプリがきっかけで結婚した割合が、わずか7%しかいないためです。

このアンケートの場合だと1000人中70人しか結婚までたどり着く事が出来ていないのです。

要するに、マッチングアプリを利用したところで、場当たり的な寂しさを紛らわす事は出来るけど、本当の幸せは掴めない可能性が高いのです。

交際と破局を繰り返して、年だけ取って売れ残るのが濃厚です。

真剣交際目的のユーザーが少ない

また、マッチングアプリは、真剣交際出来る相手を探す目的で利用しているユーザーは少ないです。

それよりも、「ヤリモク」、「暇をつぶせる相手を探している」、「今日飲める相手を探している」といったように、遊び目的での利用者が大半です。

それもそのはず、マッチングアプリは、スマホ一台で無料で利用が出来る”フランク”なものです。

そのため、利用目的も”軽く”なってしまうのです。

例えば、Tinderなんかは、特にユーザーの質が悪いです。

ネット上にも、「卑猥なメッセージを送りつけられた」、「15歳も上のおっさんからセックスしようよって来てキモい」、「気持ち悪いやつばっかり」といった悪評が乱立しています。

無料である以上、どうしてもユーザーの質は下がってしまうのです。

婚活疲れの原因になる

上で書いたように、マッチングアプリの利用者は遊び目的が大半です。

最初は猫をかぶって徐々に本性を現す人もいれば、一発目からセクハラメッセージを送ってくる輩もいます。

そのため、不快に感じるメッセージにも目を通さないといけません。

”この人良いかも?”と思ってメッセージを続けていたら、結局ヤリモクだった…という事も多いです。

このように、本当に良い人を見つけるのは至難の技なのです。

10人中10人が外れという事態も大いにあり得る環境なので、結果として「恋人作りってめんどくさい…」と感じてしまう恐れがあります。

婚活疲れを起こしてしまえば、その後の相手探しの意欲も削がれる事となるので、しばらく独身生活を続けざるおえません。そうこうしているうちに、負け組人生に突入する事になってしまいます。

スポンサードサーチ

■まとめ

マッチングアプリ=婚期を逃すと言える理由について書いていきました。

要するに、「良い人がいない!」この一言に尽きます。

周りでマッチングアプリを使った事がある人に感想を聞けば、どれくらい質が悪いかがより理解出来るはずです。

確かに、「相手を探そ!」と思った瞬間に、恋活/婚活を始められるのはマッチングアプリの大きな利点です。

ただ、良い人と出会える確率は、アイスの当たり棒を引き当てるくらいそうそうないのが現状です。

そのため、本気で恋人を作りたい、結婚を前提としたお付き合いがしたいというのであれば、相手探しに費用をかけるのが吉です。

そうする事で、質の悪いユーザーとの出会いがグッと減ります。

例えば、結婚相談所であれば、それに加えて、自分の希望条件に合った人だけを紹介して貰えまる。

つまり、よりスピーディーに交際まで発展する事が可能です。

事実、オンライン結婚相談所の「スマリッジ」は、成婚退会までの平均期間が半年を切っています。2人に1人の割合で利用初月から出会いが生まれています。



このように、多少費用をかける事で、出会いまでの最短距離を走れるのです。

ですので、婚期を逃して後悔するのが嫌だというのであれば、”本気”の婚活を始めるのが吉です。

婚活をするのが当たり前になった今では、大手18社から自分の年代に合った結婚相談所を複数社厳選→無料で資料を送付してくれるサービスもあるので、納得のいく費用間、同年代の多い結婚相談所を見つけるのが容易です。

まずは、自分に合った相談所を探してみるところから婚活を始めてみてはどうでしょうか!

■結婚相談所比較ネットはこちら↓

【結婚相談所比較ネット】

-マッチングアプリの利用=婚期を逃すと言える三つの要因
-, ,

Copyright© 結婚相談所情報局”マリマリ” , 2022 All Rights Reserved Powered by STINGER.