【末路が悲惨】妥協婚はやめとけと言える3つの理由【地獄の結婚生活】

【末路が悲惨】妥協婚はやめとけと言える3つの理由【地獄の結婚生活】

更新日:

The following two tabs change content below.

友人の過半数は既に結婚している、年齢的に結婚したいと思っているといったように、結婚に焦りを感じている方の中には、「ある程度は妥協して相手を探すべき?」、「惨めな独身暮らしを抜け出せるなら妥協婚でもありなのかな…」と妥協婚も視野に入れ始めたという方もいるのではないでしょうか。

確かに、相手に求める条件を妥協する事で、出会いの幅は広ります。

そのため、結婚に大きく近づくのは間違いありません。

ただ、結論から言いますと、妥協婚=やめとけと言えるくらい間違った選択です。

”独身を抜け出したいから”という理由で、相手選びを妥協した場合、確実に「妥協婚なんてすべきではなかった…」と後悔します。

事実、東洋経済オンラインの調査でも、男女共に過半数の方が、妥協婚を後悔していると回答しています。

そこで今記事では、

◆妥協婚はやめとけと言える3つの理由

◆半年で良い相手が見つかる婚活方法

 

上記について書いていきます。

スポンサードサーチ

妥協婚はやめとけと言える3つの理由

結婚生活=ストレスフルな毎日

確かに、周りが既に結婚しているとなると、私もそろそろ…と焦る気持ちも分かります。

とはいえ、結婚となれば、今後40・50年ほど一緒に暮らしていくという事になります。

仮に、収入面を妥協した場合、「友人は度々子供を連れて旅行に行っているのにウチは…」、「もっと良い暮らしがしたかった」といったように、隣の芝生が青く見えてしまいます。

容姿で妥協したとなれば、「ブサイクのくせに口うるさい…」、「やっぱりイケメンと結婚したかった」と不満に感じてしまいます。性格の面を妥協した場合も不満は出てきます。

このように、結婚生活がストレスフルなものとなってしまうのです。

そして、そんな毎日がこの先の人生ずっと続く事となります。

確実に思い描いていた結婚生活ではないはずですし、地獄の結婚生活といっても過言ではないかと思います。

不倫で破綻する可能性大

先ほども書いた通り、妥協婚をした場合、パートナーに対する不満を常に抱く毎日になりやすいです。

「なんでこんな人と結婚したんだろう」と感じながら、”形式上”夫婦として暮らしていく事になります。

そして、そんな気持ちから、お互いが不倫に走ってしまう恐れがあるのです。

これまでの恋愛を思い返してみた時、恋人と喧嘩をした際、「もうこの人とは無理だ」と感じた時、そんなタイミングで別の異性から連絡が来た場合、その人に惹かれてしまうはずです。

結婚したとてそれは同じです。

ましてや、”愛のない”日々を送っているのであれば、尚更です。

この先幸せになれない

妥協婚をした場合、最終的には下記2つの選択肢しか残されていません。

◆不満を抱えながら結婚生活を送る

◆妥協婚に耐えかねての離婚

 

ただ、どちらの場合も、幸せになる事はありません。

前者は、生き地獄のような日々に感じる方もいるはずです。

かといって、幸せを掴み取るために離婚したとしても、バツ1=不利な相手探しを強いられます。

婚活市場=初婚がメインなので、相手探しをしようにも、「バツイチだし、何か問題があるかも」と警戒されてしまい、交際に発展しにくいのです。

そのため、妥協婚に耐えかねて離婚したとて、幸せになれるかは分からないのです。

年齢を重ねて、離婚歴を加えて独身となるので、今以上に出会いは少ないと考えておくべきです。

スポンサードサーチ

◆半年で良い相手が見つかる婚活方法

結婚相談所がベストな理由

上述の通り、妥協婚=幸せになる事はないといっても過言ではありません。

独身から脱却した!という一時的な喜びは得られますが、多くの物を代償にする事となります。

そのため、焦る気持ちも分かりますが、結婚相手は拘って探すべきです。

そして、婚活方法の中でもやはり、結婚相談所を通じての婚活が、もっとも良い相手と巡り合える方法であり、短期間での結婚を見込める方法です。

◆希望の条件を元に相手を紹介してもらえる

◆アドバイザーに随時婚活の相談が可能

 

アドバイザーからの紹介相手=伝えた条件を満たした方となるので、「この人良いかも!」と思える相手に絞って婚活が出来るのです。そのため、短期間で交際まで発展可能なのです。

マッチングアプリや婚活サイトのように、ソート検索をかけて相手を探す手間もなければ、どんな人が来るのか分からないギャンブル要素の強い婚活パーティーや街コンに参加をして、時間とお金を無駄にする事もないのです。最短ルートで良い人と出会えます。

また、婚活アドバイザーの方に随時相談する事が可能な点も大きなメリットです。

というのも、妥協してもOKなポイントをアドバイザーの方と一緒に洗い出せるためです。

確かに、妥協婚はやめとくべきです。

ただ、妥協出来るポイント(条件を下げても良いと思えるところ)は、下げた方が多くの方と出会えるのも事実です。

例えば、「希望年収を50万円ほど下げる」、「希望年齢をプラス3歳広げてみる」といったように、多少妥協しても、理想の結婚生活が実現出来そうというのであれば、そこは妥協するのが吉です。

そういった、妥協してもOKなポイントをアドバイザーの方と一緒に洗い出す事が出来るのです。

それは、アドバイザーの方が専属で婚活のサポートをしてくれる結婚相談所ならではの利点と言えます。

スポンサードサーチ

■まとめ

妥協婚=やめとけと言える理由を書いていきました。

結婚はゴールではなく、新たなスタートだという事を肝に命じて、焦らずに婚活をするのが吉です。

婚活をしていない今は、出会いがないという事で焦ってしまうかも知れません。ただ、結婚相談所を通じて婚活をする事で、出会いのない週はないという位多くの方とマッチングします。

私自身、スマリッジというオンライン結婚相談所を通じて婚活をしていましたが、毎月4名の方を紹介して貰い、毎週のように食事デートをしていました。その結果、3ヶ月で恋人が出来て1年ほどで成婚する事が出来ました。

※利用した感想はこちらに書いています↓

【感想】20代後半(アラサー)がスマリッジを利用した話!利用して感じたメリット・デメリット!

【感想】20代後半(アラサー)がスマリッジを利用した話!利用して感じたメリット・デメリット!

このように、婚活を始めてしまえば、出会いのチャンスに恵まれます。焦る必要もありません。

なおかつ、先ほども書いた通り、希望条件や自分のプロフィール内容を元に相手を厳選してくれるので、理想の結婚生活を実現させたい方には、うってつけです。

そのため、”独身を抜け出したいから”という理由で、条件を大幅に妥協して相手探しをするのではなく、結婚相談所を通じて婚活をするべきなのです。

結婚相談所比較ネットでは、大手16社の中から自分の年齢・希望を元に最適な結婚相談所を厳選→最大5社の相談所の資料を無料で送付してくれます。「自分に合った相談所はどこなの?」という方は、活用してみてください。

※婚活支援金3万円が貰えるキャンペーンも実施しています。

◆結婚相談所比較ネットの公式サイト↓

簡単3STEP!お取り寄せ登録完了までたった2分

記事下アドセンス

記事下アドセンス

-【末路が悲惨】妥協婚はやめとけと言える3つの理由【地獄の結婚生活】
-, , , , ,

Copyright© 結婚相談所情報局”マリマリ” , 2022 All Rights Reserved Powered by STINGER.