【○割が復縁!】結婚相談所で1度交際終了⇒復縁って多いの?

【○割が復縁!】結婚相談所で1度交際終了⇒復縁って多いの?

更新日:

The following two tabs change content below.

Seira Tadokoro

28歳の時にスマリッジを利用して1年ほどで結婚。自分の体験記を交えて、結婚相談所・婚活に関する情報を発信しています。

結婚相談所を利用しての婚活を検討している方の中には、「”この人だ”と見極めるのが難しそう」、「複数人と仮交際出来るのは良いけど選択を間違えそう」といったように、やり取りの頻度が多い分、結婚相手を絞れない気がすると不安に感じている方もいるかと思います。

そして、仮に1度交際終了(※仮交際後に断りを入れる)した後に、「やっぱりまだ忘れられない」、「真剣交際を断ったものの、まだ気になる」といった事態に陥った際に、”復縁”をする事が可能なのかが気になるのではないでしょうか。

相手からしてみれば、「一度断ったのに、虫が良い話だ」と憤慨したくなるような事案であるのは間違いありません。ただ、結婚相談所の復縁の割合は意外と多いのも事実です。

スポンサードサーチ

結婚相談所の復縁に関して

復縁の割合

1度交際終了したものの、その後に復縁をした割合はどれくらいなのかと言いますと、某結婚相談所の調べでは、5人に1人の割合で、一度別れを告げたもののよりを戻して、成婚まで果たしています。一度別れを告げたのに、復縁出来る理由としては、やはり専任でサポートをしてくれるアドバイザーの力が大きいと言えます。

「復縁を希望している」という旨を相手に伝えてくれるとともに、もう一度お見合いをセッティングしてくれるよう尽力してくれるため、復縁実現が出来るのです。

確かに、中には「復縁を希望しない」という方もいますが、中々良い相手が見つけられずにいるタイミングで、復縁希望の連絡が来たとなれば、ほとんどの方が「話だけは聞いてみよう」、「一度交際を断られたけど、もう一度チャンスがあるなら…」といったように、前向きに復縁を検討してくれるかと思います。そのため、通常の恋愛以上に、復縁の可能性は高いのです。

必ずしも復縁可能とは限らない

ただ、前述したように、必ずしも復縁が実現できるとは限りません。また、統計上、男性からの復縁希望は断られやすい傾向にあります。

自分自身のこれまでの恋愛や、友人の恋愛を振り返ってみても、未練が強いのはいつも男性側であり、気持ちの切り替えが早いのが女性側だったと思います。結婚相談所でもその傾向は強く、男性側からの復縁希望は、「自分の婚活が上手くいってないから復縁しようとしてるのでしょ」、「あの時別れを告げたくせに」といったように、憎悪を感じる対象となりがちです。

逆に女性からの復縁希望の場合、「自分の良さに気づいてくれたのか」、「もう二度と話せないと思っていたからうれしい」といったように、好意的に捉えられ、復縁が実りやすいのです。

スポンサードサーチ

まとめ

結婚相談所の復縁事情について書いていきましたが、「あの時なぜ交際を断ったのだろう」、「今考えたら、あの人が一番良かったな」と後悔する事は誰しもあります。

ただ、通常の恋愛の場合、復縁したくとも、別れた後に連絡をするのは、中々気が引けるはずです。その点、結婚相談所の場合、専任でサポートをしてくれるアドバイザーの方が、仲を取り持ってくれるため、復縁したいという思いが成就しやすいのです。

要するに、”やり直し”が効きやすい婚活方法だと言えますので、「”この人だ”と見極めるのが難しそう」、「複数人と仮交際出来るのは良いけど選択を間違えそう」といったように、やり取りの頻度が多い分、結婚相手を絞れない気がすると不安に感じている方であっても、まずは相談をしてみてから、継続して婚活に利用するかを考えてみるのが吉です。

特に、「スマリッジ」という結婚相談所の場合、3ヵ月間のクーリングオフ期間が設けられているため、金銭的なリスクを背負う事なく、結婚相談所を体感出来ます。

婚活初心者大歓迎!【スマリッジ】

また、一般的な結婚相談所であれば、1回のお見合いごとに5,000~10,000円ほど掛かるのに対して、お見合い料が一切掛からないうえ、毎月一定人数を紹介してくれるといったように、サポートも手厚いので、結婚相談所初心者の方は、特に利用する価値のある相談所だと言えます。

実際に利用した感想はこちらに書いています↓

【感想】20代後半(アラサー)がスマリッジを利用して感じたメリット5選

記事下アドセンス

記事下アドセンス

-【○割が復縁!】結婚相談所で1度交際終了⇒復縁って多いの?

Copyright© 結婚相談所情報局 , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.