【デメリット多し】回転寿司形式の婚活パーティーのメリットとデメリット!

【デメリット多し】回転寿司形式の婚活パーティーのメリットとデメリット!

更新日:

The following two tabs change content below.

Yumi_Kikuchi

結婚は無理かな…と半ば諦めていたのですが、37歳の時に結婚相談所を通じて無事に成婚。今は幸せな夫婦生活を送りつつ、結婚に悩んでいる方向けに、自分の経験を交えつつ、マイペースに婚活情報を執筆しています。

独身である事に焦りを感じている方、一人が寂しい方、周りに既婚者しかいないといった方の場合、婚活パーティーへの参加を検討している方もいるのではないでしょうか。

今やランニング・マラソン好きを集めたランニング婚、オタク趣味の方だけを集めたオタ婚といったように、共通の趣味を持った方と容易に知り合える形式の婚活パーティーもあるため、自分の性格に合った方と知り合えるのでは?と期待に胸を躍らせているかと思います。

ただ、最近は、ナインティナインの婚活番組を見た事がある方なら、パッと思い浮かぶとは思いますが、「回転寿司形式」の婚活パーティが増えています。

回転寿司形式とはどういったものかと言いますと、着席した女性の周りを、男性が約3分間ごとに移動していく形式の事です。代わる代わる参加男性の全員と話すさまが、レーンを流れる寿司のようだとネット上で言われたことから、”回転寿司形式”という言葉が定着しました。

一見すると、多くの方と話す事が出来て、出会いが広がるのでは?と感じるかも知れませんが、デメリットもあります。そこで、今記事では、回転寿司形式の婚活パーティーのメリットとデメリットをまとめていきます。

スポンサードサーチ

回転寿司形式のメリット

参加男性の全員と話す事が出来る

回転寿司形式の一番のメリットは、『参加男性の全員と話す事が出来る』点にあります。

婚活パーティーの場合、同じパーティーに参加をしていたにも関わらず、一度も会話をしなかった人がいるという事は、非常に多いです。

ただ、せっかく参加をしたのだから、多くの方とやり取りをしてみて、良いなと思える方を見つけないと、時間とお金が勿体ないです。その点、回転寿司形式の場合、順番に参加男性が、自分の席に来てくれますので、”品定め”には打ってつけのシステムなのです。

また、順番に参加男性と話す事が出来るため、自ら話しかけに行かなくても、パーティー会場に来た時に、第一印象で「この人良いな」と思った人と会話が出来ます。運営側が、お互いを知れるきっかけ作りをしてくれているため、男女問わず、内向的、自分から話しかけるのが苦手、人見知りといった方にとっても、良い婚活方法だと言えます。

会話の独占を回避できる

立食型の婚活パーティーや、バスツアーやBBQといったイベントがメインの婚活パーティの場合、人気の男性/女性に対して、我先にとアプローチをかける肉食系の方が必ずいます。

そして、スタートダッシュに遅れてしまった場合、「良いなと思っていたのに、別の参加者に会話を独占されている」、「知らぬ間にあの二人良い雰囲気になっていて、もう入る隙間がない…」といったように、敗北を喫してしまいます。上述した、内向的な方の場合、特に肉食系な方に会話を独占されて、悲しい思いをするだけとなります。

ただ、回転寿司形式の場合、肉食・草食関係なく、会話できる持ち時間(3分間)が決められています。そのため、会話を独占される事がないですし、その3分間は、相手を独占する事が出来るのです。そこで、次に繋がるような会話が出来れば、マッチング⇒恋愛関係に発展をする事も現実味を帯びてきます。

スポンサードサーチ

回転寿司形式のデメリット

印象に残りづらい

上述したように、回転寿司形式の場合、一人の方と会話が出来る時間は3分間が相場です。3分を過ぎれば、別の方と話をしなければなりません。要するに、その3分間で、自分をアピールしなければいけないですし、自分に合いそうな方を見極めなければなりません。

しかし、そうは言っても、回転寿司形式の場合、10名前後が参加をしている場合がほとんどですし、参加者同士は初対面となるため、名前・出身・趣味・仕事の話に集約されます。そのため、誰がどんな事を話していたのかが印象に残りづらいのです。

30分間目まぐるしく、別々の方から自己紹介をされても、誰が良かったかという印象が残りにくいはずです。ましてや、回転寿司形式の婚活パーティが初めてという方の場合、目まぐるしく進んでいくシステムに対応しきれずに、時間とお金を無駄にするだけになりやすいのです。

参加者が多ければ多いほどしんどい

先ほども書きましたが、参加者の数だけ3分間”自己紹介”を聞かなければなりません。そのため、参加者の数が多ければ多いほど、しんどいのです。

参加者全員と話す事が出来るのは、出会いのチャンスが広がって、非常に良い点ではあるのですが、パーティ会場に入室した瞬間に、『この人は無いな…』と思う人は必ず出てくるはずです。例えば、自分と同じ30歳前後で相手探しをしたいと思っていたら、4050代の方と話しをする気にはなれないかと思います。

しかしながら、回転寿司形式の場合、そういった方とも3分間話しをしなければなりません。全く興味のない方と会話をする事ほど、退屈でしんどいものはないと言えますし、『せっかくお金を払って参加をしたのに…』といった後味の悪さを感じる事となります。

恋愛関係に発展するのは難しい

また、回転寿司形式の場合、恋愛関係に発展するのが難しいです。何度も書きますが、回転寿司形式の婚活=3分間で相手を見極めなければなりません。ただ、3分間で相手を見極められる人間などいないはずです。

そのため、結局、回転寿司形式で「この人いいかも」と思って、連絡先の交換をしてみたものの、実際に長い時間やり取りをしてみたら、『思っていた人と違った』という事になりがちなのです。

スポンサードサーチ

本気で結婚相手を探すなら

婚活パーティー=実は相手探しに不向き

回転寿司形式の婚活パーティーのメリットとデメリットをそれぞれ書いていきましたが、回転寿司形式であるかどうかの以前に、実は婚活パーティーから恋愛関係に発展した、結婚を果たしたという方は、非常に稀なのが現状です。

そのため、結婚相手を探すために、婚活パーティーに参加をしたのに、全く進展のないまま1年が過ぎてしまった…という事になりかねないのです。事実、お笑い芸人の横澤夏子さんは、今の旦那さんと出会うまでに100回以上婚活パーティーに参加をしたと語っていますし、ゼクシィの製作元であるリクルートブライダル総研の調査でも、散々な調査結果となっているので、実は婚活パーティーに参加しての相手探しは非効率的なのです。

結婚相談所が得策

そのため、本気で結婚相手を探しているかつ、自分に合った理想の人と結婚したいという気持ちがあるのであれば、”実りのない”婚活パーティーに参加をして、時間とお金を無駄にするのではなく、結婚相談所を介しての相手探しを始めるのが吉です。

結婚相談所であれば、婚活を勝手知るプロのアドバイザーの方が、相手の候補を厳選してくれる&婚活に関する悩み相談を常に聞いてくれたりと、全面バックアップをしてくれるので、スムーズな成婚が実現可能です。

何より、自分の伝えた内容を大前提に、相手を紹介してくれるため、『この人と話してみたい』と思える方に絞って、婚活が出来ますし、お見合い、仮交際、真剣交際と相手を見極める期間が長く設けられているため、本当に自分に合った方を見つける事が可能です。

かくいう私も、オンラインの結婚相談所を通じて、今の旦那と知り合いました。『スマリッジ』という相談所なのですが、結婚相談所とは思えない値段の安さ(※婚活パーティー1,2回分と変わりないです。)に加えて、毎月6名ほどの候補を紹介してくれるため、結婚したいという気持ちがあるのであれば、利用してみる価値があると言えます。

スマリッジで変わる出逢い

下記記事に、実際に利用した時のメリット、感想を書いていますので合わせて参考にしてみて下さい。

『結婚したい』と、ただ指をくわえているだけでは、独身のまま年老いていくだけです。当然年を取れば取るほど、結婚のハードルが上がる事を理解していると思いますので、”もう結婚できない”という状況で、後悔したくないのであれば、結婚したいと感じた今から婚活を始めるべきです。

【感想】20代後半(アラサー)がスマリッジを利用して感じたメリット5選

 

記事下アドセンス

記事下アドセンス

-【デメリット多し】回転寿司形式の婚活パーティーのメリットとデメリット!
-, , , ,

Copyright© 結婚相談所情報局”マリマリ” , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.