【体験談あり】naco-do(ナコード)の年齢層で一番多いのは?利用した感想【20・30代以上でも出会える?】

【体験談あり】naco-do(ナコード)の年齢層で一番多いのは?利用した感想【20・30代以上でも出会える?】

投稿日:

The following two tabs change content below.

Seira Tadokoro

28歳の時に結婚相談所を通じて1年ほどで結婚。自分の体験記を交えて、結婚相談所・婚活に関する情報を発信しています。

「そろそろ結婚したい」、「良い出会いがない」といったように、結婚に対して焦りを感じている方の中には、オンライン結婚相談所の「naco-do(ナコード)」を通じての婚活を考えている方もいるのではないでしょうか。

とはいえ気になるのが、「ナコード=ユーザーの年齢層はどれくらい」という点だと思います。

仮に、ナコードのユーザーの大半が20代で、自分は40代となれば、マッチングする可能性は限りなく0に近くなります。

また、年が離れている人しか登録していない状況となれば、同世代で相手を探している方にとっても、都合が悪いです。

全くマッチングせずにただただお金と時間を払うだけとなります。

そのため、「どの年齢層のユーザーが多いのか」というのは、事前に把握しておきたいポイントだと思います。

そこで今記事では、

◆ナコードのユーザーの年齢層

◆実際に30代(33歳)の私が利用した感想

上記について書いていきます。

スポンサードサーチ

在籍会員の年齢層について

〇〇代が一番多い

結論から言いますと、ナコード=30代の会員がもっとも多いです。次いで20代となります。

実際に公式サイト上のグラフでも、それが現れています。

上記グラフからも分かる通り、、会員の半数以上が20代〜30代です。

ですので、20代〜30代後半の方にとっては、非常に出会いのチャンスがある&満足いく出会いが見込めるオンライン結婚相談所なのです。

とはいえ、20代〜30代が多いからといって、40代以上の方=全く出会えないという事もありません。

確かに、40代以上の総数は、全体の26%と少ないです。

ただ、ナコードの在籍会員数=11万名です。そのうちの26%となれば、28,600名に及びます。

つまり、たとえ割合的には20・30代の数に劣っていたとしても、十分すぎるほどの会員数なのです。

なおかつ、専属のカウンセラーの方が、希望条件を元に随時相手の紹介を行ってくれます。

そのため、『ナコード=全年代対象のオンライン結婚相談所』と言えます。

実際に30代(33歳)の私が利用した感想

かくいう私も33歳の時に、ナコードを通じて婚活をした身です。

そして、実際に体験して思うのは、先ほど挙げたグラフの通り、同年代の方が多い印象を受けました。

というのも、私自身、カウンセラーの方に、「同年代の方が良い」と伝えた事もありますが、退会までに直接お会いした5名の方全員が、30歳〜33歳の方でしたし、メッセージをくれる方も28歳〜33歳の方が多かったのです。

おかげで私自身、半年も掛からずに同い年の方と交際→成婚退会をする事が出来ました。

正直、30代の女=マッチングアプリや婚活サイトでは、そこまで需要がないのが現実だと思います。

私自身、「若い子に負けるよな…」と感じていたのですが、ナコードの場合、そうではなかったです。

入会した週だけで、4件もお見合いの申込がありましたし、その後も申込が途絶える事がなかったので、これまで利用した事のあった婚活サービス以上に、出会いに満足出来ました。

そのため、『同年代と結婚したいと考えている30代』の方は、特に良縁に恵まれる婚活サービスだと思います。

やはり、結婚を考えるとなると、男性陣も若い20代半ばの女性よりも、共通の趣味、価値観を持っている可能性の高いアラサー・30代前半の女性を好むのだなと感じました。

それほどまでに、出会いのチャンスに溢れていました。

なおかつ、専属のカウンセラーの方に相談をしながら婚活が出来るので、悩む事もなく婚活を進められた点も良かったです。

そして、30代以外にも、出会うチャンスは平等にあります。そう言える理由としては、「東京 40代〜50代 男性」と検索をしましたが、ヒット数が4,000件を超えていたためです。

先ほども書いた通り、ナコード=どの年齢層の方でも、確実に出会いに満足出来るはずです。

スポンサードサーチ

■まとめ

ナコードの在籍会員の年齢層について書いていきました。

冒頭でも書いた通り、20代がメインの婚活サービスに40代が入会したところで、婚活が上手くいくはずがありません。

「おじさん(おばさん)キモい…」と思われて、月会費を無駄に払うだけとなります。

そういった事を避けるためにも、自分と同じくらいの歳の方が多く在籍している婚活サービスを利用するべきなのです。

そして、ナコードに関しては、そもそもの会員数が多いうえに、共通の結婚相談所協会に加盟をしている別店舗の会員のデータも閲覧・お見合い申込が可能です。

つまり、複数の相談所の会員にアプローチが出来る分、マッチングアプリや婚活サイト以上に、幅広い年齢層の方が在籍をしています。

上記で書いたように、ナコード=40代以上の方がおよそ28,600名の方が在籍している事からもそれが伺えるはずです。

確かに、『同年代と結婚したいと考えている30代』が一番恩恵を得られのは事実です。

ただ、そういった事もあり、他の年齢層の方であっても、利用する価値があると言えます。

なおかつ、万が一、全く出会えなかった場合でも、全額返金保証がついているため、金銭面で失敗した…と感じる事がありません。

そのため、これから婚活を始めたいと思っている方であれば、特に始めやすい婚活サービスだと思います。

下記公式サイトにて、サポートの詳細を確認出来ます。一度目を通してみたうえで、婚活に利用するかを判断してみるのが良いかと思います。

◆naco-do(ナコード)の公式サイト↓

naco-do

-【体験談あり】naco-do(ナコード)の年齢層で一番多いのは?利用した感想【20・30代以上でも出会える?】
-, , , , , ,

Copyright© 結婚相談所情報局”マリマリ” , 2021 All Rights Reserved Powered by STINGER.