【馬鹿にされる】年収300万円以下の男=婚活パーティーに参加しても無駄な理由【恥をかくだけ】

【馬鹿にされる】年収300万円以下の男=婚活パーティーに参加しても無駄な理由【恥をかくだけ】

更新日:

The following two tabs change content below.

出会いが欲しい男性の中には、街コンや婚活パーティーへの参加に興味があるという方もいるのではないでしょうか。

とはいえ気になるのが、「自分のスペックで参加しても大丈夫なのか…」という点だと思います。

それもそのはず、婚活パーティーのサイトでは、「高収入エリート男性のみ!」、「安定収入で優しい方」といったように、高収入で良い男性のみが参加を許されるような文言が並んでいます。

そのため、「自分の年収レベルで参加したら馬鹿にされるのでは…」と不安に感じるはずです。

ただ、結論から言いますと、年収300万円前後の男性の場合、街コン・婚活パーティーに参加をするだけ無駄です。

恥をかくだけために参加費用1万円を支払う事になります。

今記事では、

◆年収300万円以下の男=婚活パーティーに参加しても無駄な理由

 

上記について書いていきます。

スポンサードサーチ

年収300万円以下の男=婚活パーティーに参加しても無駄な理由

マッチングしない

年収300万円前後の男性が、婚活パーティーに参加をしたところで、ほぼマッチングしません。

◆他の男性=あなたよりも収入が上

◆参加女性=”日常じゃ出会えない”出会いを求めてくる

 

上記がそう言える理由です。

当然ながら、エリート男性・高収入男性を募集している婚活パーティーに参加をした場合、年収300万円代=下の下です。女性から相手にされないのは必須です。

ただ、これは、その他の街コン・婚活パーティーだってそうです。例えば、安定収入の男性を集めたパーティーであっても、”清潔感のある方”を集めたパーティーであっても、年収300万円前後の男性=他の方よりも劣る収入レベルです。

事実、パーティー運営側が、参加男性の年収割合を調査した結果、もっとも多かったのは年収500〜600万円です。

次いで、年収400〜500万円です。

この事からも分かる通り、年収300万円前後=婚活市場では”低い”数字なのです。

そのため、街コン・婚活パーティーに参加をしたとしても、よほどのイケメン、コミュ力がない限り、女性から相手にされない可能性が高いです。

参加女性も、”日常で出会える男よりも良い男を求めている”ので、ハイスペックな男性にアプローチをかけます。

”その辺にいる”ような年収レベルの男には見向きもしません。

収入差に恥をかく

ほとんどの婚活パーティーでは、プロフィール資料に年収を記入します。

そして、そのプロフィール内容を見て、女性は相手選びをします。

ただ、上でも書いたように、街コン・婚活パーティーに参加をする男性=年収500万円前後の方がメインです。

つまり、婚活パーティーに参加をした際に、プロフィール欄に記載されている年収が1人だけ300万円代となれば、浮く事は間違いありません。「うわ…。この人だけ収入低っ…!」と女性に思われます。

そうなってしまえば、恥をかくためだけに参加費を支払ったようなものです。

マッチングはおろか、誰からも話しかけられないという事もあり得ます。

女性不信になる可能性も

婚活パーティーに参加をする女性=真剣に結婚を考えた人が参加をします。

そのため、結婚後の生活を見据えて相手選びをするので、年収に対して”シビア”です。

中には、低年収の男性に対して、あからさまに”興味ないんだけど”という態度を取る女性もいます。

こちらが話をしているのに、ずっとスマホをいじっているという女性もいます。

そして、そういう女性は、目当ての男性、高年収の男性に対しては、目を輝かせて話をします。

街コンや婚活パーティーでは、こうした女性の”汚い”部分を目の当たりにするのは日常茶飯事です。

不人気男性の特徴である、低年収であれば尚更です。1回のパーティーで複数の女性に、つめたい態度を取られる事だってあり得ます。

その結果、「女なんて…」と女性不信に陥ってしまうのです。

スポンサードサーチ

■まとめ

残念ながら、年収300万円以下・300万円代の男性の場合、婚活パーティーに参加をしたところで、出会いはないのが現状です。

ハイスペック男性のみを集めたパーティー以外のものでさえ、参加男性の年収レベルはあなたよりも上なのです。

そして、街コン・婚活パーティーに参加する女性は、大小あれど相手の年収を気にします。

それは、結婚後に不安定な暮らしになりたくないからです。やはり、旦那には経済力を求めてしまうのが女性です。

そのため、他の参加者よりも劣る年収レベルの場合、出会いはないのです。

ただ、どうしても婚活パーティーで出会いを求めたいというのであれば、”安定収入男性のみ”、”同年代のみ”といった括りのものではなく、「映画好き婚」、「アニメ・漫画好き婚」といった、趣味に特化をした婚活パーティーに参加をするのが吉です。

趣味系のパーティーの場合、相手の年収よりも「共通の話題で盛り上がれる人」、「趣味に理解のある人」、「結婚後も一緒に趣味を楽しめる人」など、”趣味を共有できる事”を最優先に相手選びをする女性が多いので、年収300万円以下であっても、充分マッチングは狙えます。

アニメ・マンガ・ゲーム好きのヲタク(オタク)男女専門の結婚相談所・お見合い・婚活応援サービス【ヲタ婚】

”語れるほどの趣味がない…”というのであれば、街コン・婚活パーティーでの出会いは諦めて、マッチングアプリ、婚活サイト、オンライン結婚相談所といったネット婚活サービスに活路を見出すしかありません。

ネットでの出会いってどうなの…と思うかも知れませんが、今や5人に1人が何かしらのネット婚活サービスを利用した事があるという時代です。カップル成立の割合も実は、婚活パーティーよりも多いのです。

中でも、”コネクトシップ”という機能を導入した婚活サービスであれば、出会いがない…という月がないほど、出会いに恵まれるはずです。

※コネクトシップの体験談はこちら↓

【体験談】コネクトシップは出会えないは嘘!実際に利用した結果→

【体験談】コネクトシップは出会えないは嘘!実際に利用した結果→

少なくとも、勝算のない街コン・婚活パーティーに参加をするよりかは、結婚に近づく婚活方法だと思います。

 

記事下アドセンス

記事下アドセンス

-【馬鹿にされる】年収300万円以下の男=婚活パーティーに参加しても無駄な理由【恥をかくだけ】
-, , , , , , , , , ,

Copyright© 婚活・出会いの情報局”マリマリ” , 2022 All Rights Reserved Powered by STINGER.