【2ヶ月以内に交際!】田舎で出会いたいなら婚活パーティーよりネット婚活が良い理由

【2ヶ月以内に交際!】田舎で出会いたいなら婚活パーティーよりネット婚活が良い理由

更新日:

The following two tabs change content below.

”ど田舎在住・職場にはおっさんしかいない”という女性の場合、「婚活パーティーってどうなの?」と婚活パーティーへの参加に興味を持っている方もいるかと思います。

婚活パーティーの公式サイトを見てみると、「20代・エリートサラリーマン限定パーティー」、「年収500万円以上・安定した職業の男性のみが参加!」、「高身長×包容力のある20-30代の男性多数!」といったように、魅力的な文字が溢れているため、参加したいと感じる気持ちは分かります。

とはいえ、田舎の婚活パーティー=行く価値はありません。

同世代の良い人と出会いたいのであれば、確実にネット婚活サービスを活用した方が良いです。

今記事では、

・田舎の婚活パーティー=行く価値がないと言える理由

・ネット婚活の方が良い理由

 

上記について、書いていきます。

スポンサードサーチ

田舎の婚活パーティー=行く価値がないと言える理由

ろくな男性がいない

私自身、群馬県の田舎町に住んでいるので分かりますが、田舎=結婚が早いです。

素敵だな…と思う人は、全員結婚しています。20代後半で良い人は残らないといっても過言ではないくらい、結婚が早いです。これを読んでいる方であれば、それは痛いほど分かるかと思います。

そのため、田舎で開催される婚活パーティー=ろくな男性がいないのです。

例えば、”20代・エリートサラリーマン限定パーティー”に参加をしたとしても、参加男性=性格に難あり(モラハラ気質・マザコンなど)、容姿が悪い方ばかりです。

そもそも都心部よりも収入が劣る田舎で、都心部ほど稼いでいる20代男性が売れ残る訳がありません。

そんなスペックであれば、普通に暮らしているだけで、女性からアプローチされます。

つまり、20代・エリートサラリーマンという文字には、裏があるのです。

その他の婚活パーティーにも同じ事が言えます。出会えるのは、”訳あり”男かおっさんです。

学生時代の男子を思い返してみると、”並以上”の同級生男子は、軒並み結婚しているかと思います。

そう考えると、婚活パーティーに来る男=ろくな男がいない可能性が高いと感じるはずです。

そのため、田舎在住の場合、婚活パーティーに参加をしたところで、”良い人”との出会いはないのです。

時間対効果が悪い

田舎の婚活パーティー=地方都市で開催される事がほとんどです。

パーティー会場まで車で1時間以上かかるという事は、ざらにあります。

それにも関わらず、参加男性の質は低いのです。

高確率で「わざわざ遠い都市部にまで来て、微妙な男と会話をする1日」になります。

そのため、田舎の婚活パーティー=時間対効果が悪いのです。

そのうえ、婚活パーティー=1回の参加でマッチング出来る確率は非常に低いです。

初めての婚活パーティーの場合、尚更です。婚活用の会話テクも知らなければ、どういう流れで婚活パーティーが進行していくのかも分からない状態で、参加しなければならないので当然です。

初めてという緊張もありますし、他の参加女性の本気度に圧倒される事もあります。

ですので、婚活パーティー=何度も参加しないと、連絡先交換が出来ないのです。

つまり、婚活パーティーで出会いを求める場合、”休日を返上して、何度も遠い都市部に足を運ばないといけない”のです。

ネット婚活の方が良い理由

田舎で出会いを求めるのであれば、婚活パーティーに参加をするよりも、ネット婚活サービスを活用した方が、良い出会いがあります。

中でも、オンライン結婚相談所であれば、「ろくな男性がいない…」と不満に感じる事はありません。

というのも、オンライン結婚相談所の場合、婚活カウンセラーが専任でサポートしてくれます。

そのサポートの中には、「身だしなみ指導」、「女性への対応」、「なぜ結婚出来ないかを客観的に分析→改善点をアドバイス」なども含まれています。

そのため、オンライン結婚相談所に在籍している男性=スマートな方が多いのです。

当然、清潔感がない人は在籍していません。不快になる事を言ってくる人もいません。もちろん、性格に難がある人だっていません。「それじゃ結婚出来ませんよ」と婚活カウンセラーに”注意されるので、自然と女性への対応がスマートになっていくのです。

そして、年収水準に関しても、年収500万円前後の方がもっとも多いです。

中でも、「naco-do」は、2020年に成婚数No1を獲得したカウンセラー協会の方が、婚活のサポートをしてくれます。

上で書いたようなサポートはもちろん、自分の希望条件に応じた相手紹介を徹底しているので、「この人良いかも」という人とだけお見合いデートが可能です。

◆毎月6名以上の紹介を受けられる

◆1年以内の婚約率が、他の相談所の6倍

※3人に1人が年内に婚約

◆会員の93%が2ヶ月以内にお見合いデートが実現

◆大手結婚相談所の1/6の価格で婚活が出来る

 

このように、多くのメリットがあります。

少なくとも、田舎で開催される婚活パーティーよりも、良い人が在籍しているので、「ど田舎で出会いがない…」という方は、利用してみる価値があるかと思います。

◆naco-doの詳しいサポート内容はこちら↓

専属サポーター付きで安心婚活!スマホの結婚相談所 【naco-do】

スポンサードサーチ

■まとめ

田舎の婚活パーティーは、会場まで遠いうえにろくな男性がいない場合がほとんどです。

会話の最中にモラハラ発言を受ける事もあり得ますし、生理的に無理な人とも会話をしなければなりません。

そのうえ、同級生や仕事関係の人とも出会す可能性もあります。そうなってしまえば、最悪です。

「〇〇さん婚活してるらしいよ」という噂が一気に広まります。

このように、田舎の婚活パーティー=悪い事の方が起こりうるのです。

ただ、オンライン結婚相談所であれば、希望条件に合致した人とだけやり取りが出来るので、百発百中で良い人と出会えます。興味のない人からのお見合い申込は返信しなければいいので。

なおかつ、ナコードの場合、こちらからお見合い申込をした方にのみ顔写真の公開を行う設定に出来るので、知人にバレる事もありません。

半年以内に恋人が欲しいというのであれば、確実に婚活パーティーより可能性があります。

職場におっさんしかいない、日常生活で全く出会いがないという場合、そのまま何もしないでいては、一生独身のままです。

田舎暮らしで独身・30代以上だと、超肩身が狭い思いをします。

平気で「その歳で独身…」という目で見られますし、マリハラ発言も受けます。

そんな”負け組”な将来が嫌なら、行動するしかありません。

そして、ナコードの場合、最短距離で良い出会いが見つかる方法です。

実際に公式サイトを見てみて、サポートの内容・料金面などに納得がいくのであれば、利用してみるのが吉です。

◆naco-doの公式サイトはこちら↓

入会金・初期費用・成婚料は0円!
月額4,000〜9,800円で利用できるスマホの結婚相談所【naco-do】

記事下アドセンス

記事下アドセンス

-【2ヶ月以内に交際!】田舎で出会いたいなら婚活パーティーよりネット婚活が良い理由
-, , , , , , , ,

Copyright© 婚活・出会いの情報局”マリマリ” , 2022 All Rights Reserved Powered by STINGER.