お酒が飲めない=恋愛・婚活に不利な訳!下戸な方に最適な婚活方法は?

お酒が飲めない=恋愛・婚活に不利な訳!下戸な方に最適な婚活方法は?

投稿日:

The following two tabs change content below.

Seira Tadokoro

28歳の時に結婚相談所を通じて1年ほどで結婚。自分の体験記を交えて、結婚相談所・婚活に関する情報を発信しています。

婚活パーティや婚活サイト等、婚活サービスを利用しての相手探しを考えている方の中には、『やっぱりお酒が飲めないと婚活に不利なの?と感じている方もいるのではないでしょうか。

ましてや、会社での飲み会や友達との食事の際に、「何で飲めないのー?」、「みんな飲んでいるのに、1人だけ飲まないのは冷める」といったように、お酒が飲めない事で、相手にがっかりされたという経験がある方であれば、尚更、お酒が飲めない=恋愛・婚活に不利なのではと不安に感じているはずです。

しかしながら、あなたが不安に感じている通り、現状は、お酒が飲めない=恋愛・婚活に不利だと言わざる負えません。ただ、お酒が飲めないからといって、完全に相手探しが暗礁に乗り上げるという事でもありません。適切な婚活方法を実践する事で、お酒が飲めない体質であっても、婚活をスムーズに進める事が可能です。

スポンサードサーチ

お酒が飲めない=恋愛・婚活に不利だと言える理由

食事=お酒がセットと考えている方が多い

お酒を飲む=”楽しい”コミュニケーションをするうえで必要不可欠だと考えている方が非常に多く、ましてや、気になる異性との会話ともなれば、楽しく会話をするためのみならず、緊張を緩和するためにも、お酒を飲みたいと感じてしまうのです。

ですので、例えば、婚活サイトで知り合った方との初めての食事で、自分が全くお酒を飲まないとなると、口では「大丈夫だよ」といった所で、内心は、「お酒飲まないのかよ、、、」、「自分も飲みづらいな」といったように、相手が不満を抱く可能性は高くなります。

街コンや合コンといった複数人が参加をして、会話を楽しむ場においても、一人だけ飲まないという状況ともなれば、これまでと同じように、相手にがっかりされる可能性が高いと、想像できるはずです。要するに、お酒を飲まない=マイノリティであるため、恋愛・婚活に不利なのです。

正直、私もお酒を全く飲まないので、『お酒を飲まないと、”楽しい”コミュニケーションが出来ないと思っている人こそ面白さゼロ』だと個人的には思いますし、お酒が入った時だけ、発言が大胆になる・声が大きくなる方を、ゴミクズだと思っているので、お酒が飲めないと何かと不利な状況には、憤りを感じています。

結婚相談所連盟の調査をした結果

IBJ(日本結婚相談所連盟)が『飲酒と成婚しやすさ』という調査をした結果、男性の場合は、お酒を飲む人の方が成婚しやすく、女性の場合も、付き合い程度に飲む人の方が、成婚しやすいというデータが出ています。その事からも分かる通り、お酒を飲まない人が、恋愛・婚活に不利なのが伺えるかと思います。

お酒を飲まない人に対して寛容な時代になりつつあるとは言え、やはり相手と親密な関係になる”取っ掛かり”として、お酒が欲しいと考える方はいまだに多いです。

事実、お酒を飲んだ方が、気分が高揚しますし、本心で相手と話しやすくなるので、相手と恋愛関係に発展しやすいのは確かです。また、「酒のせい」という”言い訳”も手にする事が出来るので、何事にももう一歩踏み込みやすいという側面もあります。

ゆえに、上記のようなデータが出ているのだと思います。

スポンサードサーチ

下戸な方に最適な婚活方法

結婚相談所の利用がベスト

お酒が飲めない人が、恋愛・婚活に不利なワケを書いていきましたが、上記のように、お酒を飲めないのは、恋愛の観点においては、デメリットが多いです。ただ、だからといって、良い相手と巡り会えないという事ではないですし、婚活方法次第では、お酒が飲めなくとも、不利だと感じずに成婚まで駆け抜ける事は可能です。

そして、いわゆる下戸な方、体質的に一滴も飲めないという方の場合、結婚相談所の利用がベストな婚活方法だと言えます。

というのも、お酒が飲めないのが婚活に不利な理由としては、相手がお酒”ありき”の考えを持っているためなので、結婚相談所のように、自分の希望条件をベースに相手探しが出来るサービスを利用すれば、不利にならないのです。

要するに、お酒が飲めない者同士でやり取りをするか、下戸であっても、問題ないという方に絞って、婚活をする事で、不利になる事も無ければ、嫌な思いをする事もないのです。

そのうえ、結婚相談所であれば、他の婚活サービス以上に利用者が多いため(※基本的には数千~数万名もの登録会員がいる)、お酒が飲めない人、もしくは下戸であっても問題のない人に絞った所で、出会いのチャンスが減る事はないのです。

そのため、『やっぱりお酒が飲めないと婚活に不利なの?』と感じている方であれば、迷わず結婚相談所を活用した方が、自分を理解した方と出会いやすいため、成婚までスムーズに進むかと思います。

オンライン結婚相談所=利用しやすい

ただ、『いきなり結婚相談所は…』、『年齢的に合っていないのでは』といったように、結婚相談所に堅苦しさを感じている方もいるかと思います。そういった方の場合、オンライン結婚相談所を活用するのがベストと言えます。

オンライン結婚相談所であれば、婚活サイトと同じ感覚で、スマホ・PCから利用が出来るとともに、カウンセラーへの相談もスマホから行えます。そのうえ、登録会員数や相手の紹介といったサポート面に関しては、従来の相談所と同等となっているので、実際にイメージしている結婚相談所以上に、利用しやすいと言えます。

中でも、『スマリッジ』の場合、アクティブユーザーの中でもっとも多い年齢層は、30歳前後であるとともに、月2回婚活パーティに参加をするのと同等レベルの価格で利用出来ます。

スマリッジで変わる出逢い

かくいう私も、お酒が飲めないながらも、1年しない内に成婚退会が出来ました。

「お酒が飲めなくても特に気にしないという方」と担当カウンセラーに伝えた事もあり、お会いした方は、自分が飲めないからといって、無理して合わせるというよりかは、1人で酒を嗜んでいたり、相手もお酒が飲めないといった方たちばかりでしたので、お酒が飲めないからといって、特に不快に感じる事はありませんでした。

そのため、下戸な方、体質的に一滴も飲めないという方で、婚活を始めたいと考えているのであれば、相談する価値はあると言えます。

上述したように、お酒が飲めない=マイノリティであり、いまだにお酒が飲めないからといって、”差別”やアルハラをしてくるバカが多いです。

それは、恋愛・婚活の場であっても、変わりありません。そういった方と仮に出会ってしまった場合、その後の婚活のモチベーションにも影響してくるので、最初から、お酒が飲めない自分でも良いという方に絞って、婚活をするべきなのです。そして、スマリッジは、自分に合った方と出会うのに、効果的な婚活サービスだと言えます。

スマリッジの公式サイト↓

はじめる婚活 まじめな出逢い【スマリッジ】

記事下アドセンス

記事下アドセンス

-お酒が飲めない=恋愛・婚活に不利な訳!下戸な方に最適な婚活方法は?
-, , , ,

Copyright© 結婚相談所情報局”マリマリ” , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.