【平日休みでも出会える】スマリッジ =平日休み・シフト休みが不利にならない3つの理由【婚活】

【平日休みでも出会える】スマリッジ =平日休み・シフト休みが不利にならない3つの理由【婚活】

更新日:

The following two tabs change content below.

「平日休みで中々出会いがない」、「ほとんどの婚活パーティーが土日開催で日程が合わない」といったように、平日休みがネックとなり、良い出会いに恵まれていないという方も多いかと思います。

それもそのはず、大抵の会社員が土日休みであり、婚活イベントもそれに合わせて開催されます。

そのため、平日休みやシフト休みで休みが不規則だという場合、「婚活イベントに参加できない」、「出会った人と休みが合わずに結局恋愛関係に進展しない」のいずれかの事態を招いてしまいます。

とはいえ、そのまま出会いが欲しい…と言っていたところで、状況が一変する事はありません。

いつものように職場に行き、いつものように休日はごろごろして、そのまま独身・売れ残りとなってしまいます。

そこで、そんな状況を打破するためにもネット婚活を始めたいと考えている方もいるのではないでしょうか。

ネットを通じた出会いであれば、リアルの婚活イベント以上に出会いがあり、スマホ一台でいつでも婚活が出来るので、有給を取得して婚活イベントに参加をする必要もありません。

中でも、オンライン結婚相談所の「スマリッジ」は、平日休み/シフト休みであっても、それが不利になる事なく出会えると評判です。



今記事では、

◆スマリッジ=平日休み・シフト休みが不利にならない理由

 

上記について書いていきます。

スポンサードサーチ

平日休み・シフト休みが不利にならない理由

会員数が多い

スマリッジ は、コネクトシップ という機能を導入しており、50,000名を超える在籍会員の中から相手を探す事が出来ます。

コネクトシップ というのは、スマリッジと同じ結婚相談所協会に加盟をしている別の店舗、オンライン結婚相談所の会員にもアプローチが出来る機能の事です。

とあるサイトの情報では、平日休みの割合は全体の40%とされています。

つまり、50,000名の会員の中で平日休みの会員の総数は20,000名はいる計算になります。

当然ながら、平日休みで婚活をうまくいかせるには、同じ休みの人にアプローチをかけるのが重要です。

そうする事で、平日休みあるあるである、「休みが合わずに自然消滅…」という事態を防げるためです。

このように、平日休みの方の割合も多いスマリッジ=休みが不利にならないのです。

希望に合わせた紹介制度

また、スマリッジ=希望条件に合わせた相手紹介をしてくれます。

つまり、「休みの合う人が良い」、「平日休みでも問題ない人」という点を希望条件に設定する事で、同じ平日休みの人と容易にマッチング出来るのです。

相手も自分と同じように、「平日休みがネックでなかなか出会えない」と感じているため、「出来れば休みが一緒の人が良い」と感じています。

そのため、”休みが一緒”というのは、距離をグッと近づける事の出来る大きな要素なのです。

平日休みが婚活に不利とされるのは、あくまで「自分は平日休み:相手は土日休み」という場合に限られます。

逆に平日休み同士の場合、とんとん拍子で出会い→交際に発展します。

そして、この紹介制度は、毎月4名までの方を紹介して貰えます。

休みが一緒の方を毎月4名紹介して貰えるため、わざわざ自分から検索を掛けなくとも、出会いに恵まれます。

ネット婚活の中でも特に出会えるシステム

スマリッジは、他のネット婚活サービスよりも出会いに積極的な会員が在籍しています。

その理由は、「毎月8件までお見合い料金が無料」だからです。

一般的な結婚相談所の場合、マッチングした相手と食事デートをするだけで、5,000〜10,000円ほどのお見合い料金を支払わなければなりません。

そのため、実際に2人で会うのに、消極的になりやすいのです。

ただ、スマリッジの場合、週2回お見合いをしたとしても、お見合い料金を支払う必要がありません。

その結果、マッチングから食事デートまでが早いのです。

直接会って話してみたら印象が変わった!という事は、恋愛にありがちです。

また、会って話してみない事には、その人と本当に価値観が合うのか、交際した時のイメージが湧くのかは分かりません。

そのため、婚活を成功させるためには、”とりあえず会う”というのは超重要です。

そして、スマリッジの場合、0円でそれを実現出来るのです。

事実、スマリッジの会員の2人に1人が利用初月から食事デートをしており、成婚退会までの平均期間は半年を切っています。

半年以内に結婚を前提としたお付き合いをし始めたという方が半数以上もいるのです。

これは、”積極的に会えるシステムを採用している”のが大きな理由だと思います。

スポンサードサーチ

■まとめ

◆平日休みの方が20,000名は在籍している

◆休みが一緒の方に絞って婚活が出来る

◆積極的に出会えるシステムを採用している

 

上記の事から、平日休みやシフト休みという方であっても、それが不利にならないのです。

確かに、平日休みの方を対象とした街コン、婚活パーティーも存在します。

そちらを活用しての婚活を一度は考えた事があるという方も多いと思います。

とはいえ、そういったイベントで出会えるのはせいぜい10名前後です。

そこからライバル達を押しのけてマッチングしなければなりません。

場合によっては、「休みが一緒以外、良いと思える人がいない…」という状況すらあり得るのです。

ただ、スマリッジの場合、細かく希望条件を設定出来ます。

休みが一緒なうえに、価値観の合う方と出会う事が可能なのです。

会員数が多いので、「この人だ!」と思える人が必ず在籍しています。

そのうえ、月1,2回そういったイベントに参加するのと同等の料金で1ヶ月婚活が出来ます。

そのため、コスパの面、出会いの面の両方で、平日休みを対象とした婚活パーティー<スマリッジの方が秀でているのです。

そのまま、日々の生活を送っていたとしても、なかなか平日休みの人とは出会えません。

職場に良い人がいないというのであれば、自ら出会える環境を作らない限り、結婚は難しいです。

来年も再来年も独身・恋人なしという負け人生を歩みたくないのであれば、思い立ったが吉日、婚活を始めてみるのが得策です。

◆スマリッジのサポート内容について↓

婚活初心者大歓迎!【スマリッジ】

記事下アドセンス

記事下アドセンス

-【平日休みでも出会える】スマリッジ =平日休み・シフト休みが不利にならない3つの理由【婚活】
-, , , ,

Copyright© 結婚相談所情報局”マリマリ” , 2022 All Rights Reserved Powered by STINGER.