ブルーワーカーが試すべき婚活法!ブルーカラー職が不利にならない!

ブルーワーカーが試すべき婚活法!ブルーカラー職が不利にならない!

更新日:

The following two tabs change content below.

Seira Tadokoro

28歳の時に結婚相談所を通じて1年ほどで結婚。自分の体験記を交えて、結婚相談所・婚活に関する情報を発信しています。

いわゆる”ブルーカラー”と言われる職業である、製造業や運送業といった仕事に就いている方の中には、「そろそろ結婚したい」と感じている方もいるのではないでしょうか。

とはいえ、頭によぎるのは、「ブルーワーカー=やっぱりイメージが悪い?」、「婚活市場=ブルーカラー<ホワイトカラーな気がする」といったように、ブルーワーカーという点が、婚活で不利になるのではないかという不安だと思います。

確かに、ブルーカラー=肉体労働で低賃金、大卒以下の人が勤める職業といったように、ネガティブな目を向ける方が一定数いるのは事実です。

そして、この先一生添い遂げても良いと思える相手を探す婚活市場においては、よりその傾向が強まります。

そのため、婚活をしたものの、全く相手にされないという可能性も大いにあり得ます。

事実、ネットを見てみると、婚活パーティー14回目の参加でやっとカップルになれた…というブルーワーカーの人もいます。

とはいえ、必ずしもブルーワーカーだからと言って、婚活が不利になるという事もありません。

婚活で利用するサービスさえ間違わなければ、職業が不利になる事のない相手探しをする事が可能です。

そこで今記事では、

◆ブルーワーカーに最適な婚活方法

 

上記について書いていきます。

スポンサードサーチ

■ブルーワーカーに最適な婚活方法

結婚相談所が良い理由

結論から言いますと、職業や年収面といったように、婚活をするにあたり、何かしらの不安を抱えているのであれば、結婚相談所がベストです。

・常に専属のアドバイザーが婚活のサポートをしてくれる

・自分の要望に応じて相手を厳選してくれる

 

上記のように、婚活をした事がないという方であっても、安心して婚活が出来る環境が整っています。

そのうえ、これまでに何百名以上もの婚活に携わってきた一流のアドバイザーの方が、常に婚活をサポートしてくれるので、1人でやみくもに婚活をするよりも、成婚率が格段にアップします。

また、「職業が不利にならないかが不安…」というのであれば、「職業は気にならない」、「収入は平均水準あれば十分」といった相手を厳選してくれますので、職業が足を引っ張る事もありません。

「そんな人が多く在籍しているの…」と思うかも知れませんが、数ある婚活方法の中でも、結婚相談所こそ、上記のような人が多く在籍しています。

というのも、他の婚活方法を利用している方以上に、真剣に結婚を考えているからです。

結婚=結婚をする事が目的ではなく、結婚した後の生活が幸せに過ごせるかが目的です。

そして、結婚相談所の在籍者は、そこを理解している方が多く、結婚後の生活を見据えて、「ステータスよりも一緒にいた時のフィーリング」、「一緒にいて気疲れしないか」、「価値観が合う事が最優先事項」といったように、人間性を見て婚活をする傾向にあります。

事実、東京にあるハッピーカムカム という結婚相談所は、人間性を重視して無料カウンセリングを行っており、成婚大会したカップルの決め手のほとんどが、「一緒にいて落ち着いたから」、「似た価値観を持っていて、常に話題に事欠かなかったのが決め手」といったように、人間性・内面重視で相手を決めています。

【口コミ評判10選】ハッピーカムカムの評判は悪い?まとめてみた結果

そのため、職業や年収面といったように、婚活をするにあたり、何かしらの不安を抱えているのであれば、結婚相談所がベストなのです。

月1万円以内で良質な出会いを求めているなら〇〇!

上述した通り、ブルーワーカーという点に不安を抱えているのであれば、結婚相談所を利用するのが最適です。

とはいえ、結婚相談所と聞くと、「費用が割高なイメージで、なんか自分よりもワンランク上な人が利用してそう…」というイメージを持っている方も多いかと思います。

確かに、店舗型の結婚相談所の場合、入会するだけで10万円を支払わなければならないところもあります。

そのうえ、お見合いする事に1万円、成婚退会費用として3万円を支払わなければならないところも存在します。

そういったところに入会した場合、良い相手と巡り合えるかも知れませんが、相当な出費は覚悟しなければなりません。

100%出会えるかも分からない相談所に、合計50万〜100万近くのお金はなかなか出せないのが本音だと思います。

そのため、結婚相談所に魅力を感じているけど、費用の面がネックという方の場合、結婚相談所は結婚相談所でも、オンライン結婚相談所を通じての婚活が、ニーズに合っています。

例えば、「スマリッジ 」の場合、月1万円以内で利用できる婚活サービスの中では、頭ひとつ抜けているといっても過言では無い、確かな成婚率を誇ります。



上記写真にある通り、成婚退会までの平均期間が半年を切っている事からも、それが伺えるかと思います。

・50,000名の中から相手探しが出来る

・毎月2〜4名、要望に応じて相手を紹介してもらえる

・万が一の時の全額返金保証制度あり

・電話、メールにて担当アドバイザーの方に婚活の相談が可能

 

要するに、店舗型の相談所と同等のサポートを、リーズナブルな価格で受ける事が出来るのがスマリッジ なのです。

もちろん、担当のアドバイザーの方が、自分の要望に応じて相手の厳選をしてくれます。

職業が不安…と伝えれば、職業が気にならない人を紹介して貰えますし、年収面が…と伝えれば、ステータスではなくあなたの内面を見てくれる人を紹介してくれます。

なおかつ、3ヶ月間利用したにも関わらず、全くお見合いが出来なかった場合、全額返金保証を受ける事が可能なので、利用して損をした…という最悪の事態を免れる事も可能です。

そのため、はじめて婚活をする方にとっても、最適なサービスと言えます。

下記公式サイトにて、サポートの詳細および資料請求、申込が可能です。

サポート内容を確認してみたうえで、利用してみるかを検討してみるのが良いかと思います。

◆スマリッジの公式サイト↓

スマリッジで変わる出逢い

スポンサードサーチ

■まとめ

ブルーワーカーの最適な婚活方法を書いていきました。

冒頭でも書いた通り、利用するサービスを間違えた場合、「大卒以下で肉体労働者って論外」、「底辺と出会うために婚活をしているわけではない」、「友人の旦那は公務員なのに、自分の旦那がブルカラーは勘弁」といったように、まごう事なき職業差別に遭遇する事もあり得ます。

そのため、婚活をするのであれば、利用する婚活サービス選びからこだわるべきなのです。

そして、上記で書いたように、スマリッジ のような、オンライン結婚相談所であれば、職業が不利にならずに婚活を進める事が可能です。

「ブルーワーカー=やっぱりイメージが悪い?」、「婚活市場=ブルーカラー<ホワイトカラーな気がする」といったように、職業や収入の面で不安を感じているのであれば、思い立ったが吉日、相談をしてみるのが良いかと思います。

おそらく、1人で悩んで、全く前に進めないでいる今よりかは、状況は良くなるはずです。

-ブルーワーカーが試すべき婚活法!ブルーカラー職が不利にならない!
-, , , , ,

Copyright© 結婚相談所情報局”マリマリ” , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.