婚活パーティ=年齢詐称が横行!年齢確認アリでも安心できない実態!

婚活パーティ=年齢詐称が横行!年齢確認アリでも安心できない実態!

投稿日:

The following two tabs change content below.

Seira Tadokoro

28歳の時に結婚相談所を通じて1年ほどで結婚。自分の体験記を交えて、結婚相談所・婚活に関する情報を発信しています。

仕事⇒家に帰宅の毎日に加えて、「週末は特に一緒に出掛ける友人もいない」、「これと言って趣味もない」、「休みの日は、家でだらだら過ごす事が多い」といった方であれば、これといって、出会いがなく、出会いに”飢えている”方も多いのではないでしょうか。

そういった方の場合、寝る前や帰宅直後といったふとした瞬間に、「恋人がいればなあ」、「結婚していればなあ」といったように、独身・恋人無しという寂しさを感じるはずです。

とはいえ、出会いがない事状況を改善するべく、無料のマッチングアプリで出会いを求めようにも、誠実な方と出会えるのかが気がかり…だと感じる方も多いかと思います。

仮に、マッチングアプリを利用して、身体目的の方とやり取りをしたとしても、一時の寂しさは紛らわせても、「何していたのだろう」と自己嫌悪に陥る羽目になりますし、幸せな結婚から遠のいて、婚期を逃す事にもなりかねません。

そのため、マッチングアプリではなく、対面してやり取りが出来る分、マッチングアプリ以上に安心感のある、婚活パーティーや街コンといった婚活イベントへの参加を考えている方も中にはいるのではないでしょうか。

婚活パーティーや街コンの場合、対面式&民間企業が主催をしているため、結婚を本気で考えている方、誠実な方が参加をしている方が多数参加をしているので、自分の理想に合致する方を見つける事が出来る可能性はあります。

ただ、『婚活パーティーや街コン=年齢詐称が横行している』という実情があるので、「実は希望年齢”外”だった」、「年の近い人のみが参加をしていると聞かされて、参加してみたのに…」といったように、婚活が無駄に終わる可能性も高いと言えます。

スポンサードサーチ

婚活イベント(パーティー、街コン等)=年齢詐称が横行している理由

年齢確認が緩い

事前の年齢確認、受付での年齢確認といったように、年齢詐称が出来ないような策を講じている婚活パーティ・街コンは、増えつつありますが、「年齢確認が緩いところもある」事に加えて、「会場内でプロフィールカードにニックネーム、年齢を記載するだけの所も多い」ため、年齢詐称は、やろうと思えば簡単に出来てしまうのが現状なのです。

例えば、プロフィールカードによって、年齢を判別する婚活パーティ、街コンの場合、嘘の年齢を書いてしまえば、簡単に年齢を偽る事が出来ますし、受付での年齢確認を要する婚活パーティーであっても、「○○日にWebから参加申し込みをした○○なのですが、今日、身分証を忘れてしまいました」と伝える事で、大抵参加を許されてしまいます。

※事前に、参加人数を会場側に伝えており、男性と女性の割合が均不釣り合いとなってしまうため

若い方を対象としたパーティに参加出来る

そして、年齢詐称をする側が、なぜ年齢詐称をするのかと言いますと、「若い方を対象としたパーティー・街コンに参加をするため」です。

例えば、”26~33歳限定”という婚活パーティーがあった場合、当然ながら、33歳までの方しか参加が出来ません。ただ、仮に年下の人と結婚したい36歳の方が、婚活をするのであれば、希望の結婚が実現できる可能性の高い”26~33歳限定”の婚活パーティに是が非でも参加したいはずです。

そのため、年齢を詐称して、目当ての年齢の方に狙いを定めるのです。

また、30代前半までを対象とした婚活パーティーと30代半ば以上を対象とした婚活パーティーでは、ビックリするくらい参加者の年齢に幅があるので、どうしても、若い方を対象としたパーティーに参加をしたいと感じてしまうのです。

26~33歳限定の場合、均等に対象年齢の方が参加をするのに対して、35~45歳対象のパーティーの場合、「自分よりも”若い”35歳の方を求める40代」で溢れかえっています。

スポンサードサーチ

年齢詐称している方を避けるべき訳

時間とお金が無駄となる

年齢詐称をしている方を避けるべき理由としては、婚活に費やした時間とお金が無駄になってしまう事が、第一に挙げられます。

やはり、自分が「この人ともっと話してみたい」と思える方と知り合うために、婚活をするはずです。そのため、年齢詐称している方と仲良くなり、交際に発展、交際発展後に「実は…」と話されようものなら、騙されたと感じて、その後の関係性が揺らぐかと思います。

結果的に、「交際期間が丸々無駄だった」と感じてしまうのです。

嘘をつく=交際後も嘘をつかれる可能性大

また、年齢を偽る時点で、良い人とは言えないですし、平気で嘘をつく性格である可能性が高いので、交際後に、年齢以外にも嘘をつかれて、後悔する羽目になると言えます。

例えば、浮気をしているのに、浮気をしていないと嘘をついたり、年齢だけではなく、職業も偽っていたり、掃除をしたと言っていたにも関わらず、掃除がされてなかったり等々、「この人は本当の事を言っているのか」と猜疑心を抱えた状態で、やり取りをしなければなりません。

ただ、猜疑心を持って話す相手と、幸せになれるかと言ったら、大きなクエスチョンマークがつくはずです。

スポンサードサーチ

年齢詐称が一切ない婚活方法

結婚相談所がベスト

婚活パーティや街コンといった対面式の婚活イベントの年齢詐称事情に関して書いていきましたが、確かに、マッチングアプリよりかは、誠実な方と知り合えるとは思います。

ただ、上述したように、年齢詐称をしている方が多いのも、また事実なのです。そして、年齢詐称している方に”捕まって”しまうと、自分が悲しい思いをするだけですので、なるべく年齢詐称のある方と関わりを持つべきではありません。

しかしながら、そうは言っても、見た目だけでは年齢詐称を見破るのは難しいですし、単刀直入に初対面の方に「老けてますよね?」と言うのも、中々ハードルが高いかと思います。そのため、不誠実極まりない年齢詐称者を回避する方法としては、婚活パーティや街コン以上に、年齢確認を厳正化している婚活サービスを利用するのが得策です。

中でも、「結婚相談所」であれば、公的書類の提出が義務付けられているため、公的書類を偽造するくらいしか、年齢を偽る事が出来ません。

ただ、犯罪を犯してまで、婚活をする方などいないといっても過言ではないので、結婚相談所を介しての婚活であれば、年齢詐称している方と出会う心配がないですし、そのうえ本気で結婚を検討している方のみが利用しているため、より結婚に前進出来ます。

結婚相談所であれば、オンラインでも健全な出会いが出来る

そして、結婚相談所にも、オンライン結婚相談所というサービスが存在しています。

書いた字のごとく、婚活サイトやマッチングアプリのように、スマホ&PC上で、結婚相談所と同様のサポートを受ける事が出来る事に加えて、月に掛かるお金や成婚までに必要なお金が少ないという利点があります。

特に、「スマリッジ」であれば。お店を構える結婚相談所と同じく、公的書類の提出が義務付けられている事に加えて、日本結婚相談所協会に加盟を果たしているので、オンライン上の婚活サービスであっても、健全な出会いをする事が可能です。

スマリッジ=サクラ業者・怪しいユーザーがいないと言える3つの理由

 

かくいう私も、スマリッジを介して、30手前で無事に結婚を果たす事が出来ました。

私自身、オンライン上の婚活サービスを利用するのが初めてだった事もあり、「本当に大丈夫?」と懐疑的でした。ただ、いざ利用してみると、悩みが出てくる度に、担当のカウンセラーの方に電話&メール相談が出来ましたし、紹介してくれた方の中で、不誠実な事をしてくる方が皆無だったので、利用していた期間を振り返ると、非常に良い婚活が出来たなという感想しかありません。

そのため、「恋人がいればなあ」、「結婚していればなあ」といったように、独身・恋人無しという寂しさを感じる瞬間があるという方で、良い出会いがしたいというのであれば、相談をしてみる価値はあると言えます。

恋人がいればなあ…と天を仰いだ所で、恋人は出来ません。やはり、異性と関わりあいを持てる場に赴いたり、そういったサービスを利用しない事には、一向に独身という状況が変わる事はないので、まずは何かしらの婚活を実践してみるのが良いかと思います。

そして、スマリッジは、理想にマッチする方と出会うのには、効果的な婚活サービスなはずです。

スマリッジの公式サイト↓

スマリッジで変わる出逢い

記事下アドセンス

記事下アドセンス

-婚活パーティ=年齢詐称が横行!年齢確認アリでも安心できない実態!
-, , ,

Copyright© 結婚相談所情報局”マリマリ” , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.