家事手伝いの女性=結婚相談所の入会審査に落ちる?入会できたとしても結婚できない?

家事手伝いの女性=結婚相談所の入会審査に落ちる?入会できたとしても結婚できない?

投稿日:

The following two tabs change content below.

Seira Tadokoro

28歳の時にスマリッジを利用して1年ほどで結婚。自分の体験記を交えて、結婚相談所・婚活に関する情報を発信しています。

結婚相談所を通じて、婚活をしようか迷っている方の中には、「世間的には無職とされる家事手伝いでも、入会できるの?」、「仮に、家事手伝いで登録が出来たとしても、やっぱり無職だと不利?」といったように、家事手伝いという事を理由に、婚活が上手くいかないのではないかと懸念している方もいるのではないでしょうか。

それもそのはず、現在の夫婦体系の主流は、共働きであり、専業主婦が絶滅しつつあるため、こんな時代の仲では、無職と大差ない家事手伝い=誰からも見向きされないのでは…と不安が押し寄せてくる気持ちも分かります。

とはいえ、結婚したいという気持ちがあるのであれば、婚活を始めない事には、良い出会いがないのも事実なはずです。

いま現在、普通に生活して、男性の方と関わりあいを持つ事がないというのであれば、尚更、婚活を始めない事には、中年と言われる年齢になっても、独身+家事手伝いのままであり、今以上に、冷ややかな目で世間から見られる事となります。

そこで、今記事では、

・家事手伝いの女性=結婚相談所の入会審査に落ちるのか

・家事手伝いの女性=婚活に不利なのか

上記について書いていきます。

スポンサードサーチ

家事手伝いの女性の婚活について

結婚相談所の入会審査に落ちる?

結論から言いますと、女性であれば、家事手伝いだからといって、入会審査に落ちる事はありません。

家事手伝いであっても、特に何も言われる事無く、結婚相談所に入会を果たす事が可能です。

男性の場合は、「安定した収入がある事」が、入会条件に制定されていますが、女性の場合は、非正規社員・無職・家事手伝いといった収入が不安定あるいは、ナシだという状況であっても、問題なく婚活支援を受けられます。

しかしながら、月会費の滞納が続いたり、お見合い料金を支払わなかったりといったように、払うべきものを払わない(※払えない)となれば、たとえ入会できたとしても、強制退会の憂き目に合います。また、場合によっては、同じ結婚相談所連盟に加盟をしている加盟店全てで、再入会を拒否される事にもなりかねません。

家事手伝い=男性陣から不人気?

冒頭でも書いたように、共働きが当たり前の時代という事もあり、男性陣も、「奥さんには働いて欲しい」、「将来的に子供に掛かる費用を考えたら、共働きが望ましい」といったように、共働きを希望する方は多いです。

そのため、家事手伝いの女性=男性陣から不人気なのが現状です。

とはいえ、結婚相談所を通じての婚活の場合、他の婚活と比べて、家事手伝いだからといって向かい風が吹き荒れる事はありません。というのも、結婚相談所に登録をしている男性=婚活パーティーや街コン、婚活サイト以上に、収入のある男性が多く在籍しているためです。

共働きを希望する男性の一番の理由は、自分の稼ぎが少ないため、結婚生活が、じり貧になるのではないかという不安です。そのため、ある程度経済力のある男性ほど、自分の稼ぎだけで、自分、奥さん、子供を食わせていけるため、『別に奥さんは働かなくともいい』という考えを持っているのです。

結婚相談所の場合、他の婚活以上に必要経費が掛かる分、収入・仕事に自信のある方が登録する傾向にあるため、家事手伝いを理由に、敬遠されたり、お見合い申し込みがゼロという事になりにくいという訳です。

スポンサードサーチ

利用するべき結婚相談所

コスパ最強=オンライン結婚相談所

家事手伝いの女性の婚活について書いていきましたが、上述したように、一般的に無職だと見なされ、不人気とされる”家事手伝い”であっても、それがネックとならずに相手探しを進める事が可能なのが、結婚相談所です。

しかしながら、結婚相談所は相当お金が掛かるのでは…と懸念している方も多いはずです。ただ、オンライン結婚相談所の『スマリッジ』であれば、月額費用が10,000円以内ですし、お見合い料金や成婚料金も一切掛からないため、金銭面で不安を抱く事なく、利用する事が出来るかと思います。

また、スマリッジの場合、同じ結婚相談所連盟に加盟している店舗の登録会員のプロフィールを閲覧&お見合いの申し込みを送る事が出来ます。その数は、5万名にも上りますので、店舗で入会するよりも、格安で利用できるにも関わらず、店舗同様の相手探しが可能なのです。

自分でソート検索を掛けて相手探しをすることが出来るのは勿論、専属で付いてくれるアドバイザーに、「どういった方と結婚したいか」を事細かく伝える事で、それに沿った相手を紹介してくれます。

例えば、「家事手伝いでも、気にしない人が良い」と伝えた場合、家事手伝いでも構わないという方のみと婚活が出来るため、職業で不利だと感じる事も無ければ、家事手伝いに対して、嫌みを言われて不快な気持ちになる事なく、相手探しを進められます。

また、家から出る事なく、電話・メールにて専属で付いてくれるアドバイザーに相談が出来るため、独りで婚活をするよりも、確実に成婚に結び付く質の高い婚活をする事が出来るはずです。

下記公式サイトにて、サポートの詳細&申し込みが可能となっています。

いま現在、男性との接点が希薄だという方の場合、その生活を続けていても、何も状況が変わらずに、”手遅れ”とされる年齢に差し掛かってしまいます。そうなってしまった場合、もはや結婚生活、子供を諦めざる負えず、死ぬまで独りを覚悟しなければなりません。それが嫌だというのであれば、思い立ったが吉日、婚活をしてみるべきです。

スマリッジの公式サイト↓

婚活初心者大歓迎!【スマリッジ】

記事下アドセンス

記事下アドセンス

-家事手伝いの女性=結婚相談所の入会審査に落ちる?入会できたとしても結婚できない?
-, , , , , ,

Copyright© 結婚相談所情報局 , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.