田舎で30代独身=肩身が狭いと感じている方が試すべき婚活法

田舎で30代独身=肩身が狭いと感じている方が試すべき婚活法

更新日:

The following two tabs change content below.

Seira Tadokoro

28歳の時に結婚相談所を通じて1年ほどで結婚。自分の体験記を交えて、結婚相談所・婚活に関する情報を発信しています。

田舎暮らしで30代独身だという場合、「周りが全員既婚者で、自分だけが独身」、「職場でも”だから結婚できないんだよ”と馬鹿にされる」、「親からのシングルハラスメントがうるさい」といったように、肩身の狭い思いをしているはずです。

田舎であればあるほど、結婚をする年齢が早く、20代後半の時点で、同級生の8割が結婚、すでに子供がいるという友達が多いという状況になります。

そして、新しい職場で仕事を始めた時や、スポーツジムで知り合った人と話すといったような、初対面で人と話す機会がある場合、必ずと言っていいほど、「結婚しているの?」と質問されるのが田舎です。

そのような田舎の場合、学校卒業→就職→結婚という道筋しか頭に入っていない人が多く、『結婚はして当たり前であり、30代で未婚=負け組』という認識を持っているため、独身のまま30代を迎えてしまうと、それだけで奇怪な目で見られたり、馬鹿にされたりと何かと肩身の狭い思いをする羽目となるのです。

そのため、肩身の狭い30代独身という立場から抜け出すためにも、婚活を検討している方もいるかと思います。

とはいえ、婚活をした事がないという方の場合、「一体どの婚活を利用すべきなの」という疑問があるはずです。

仮に、婚活をして空振り続きとなれば、支払った代金と時間が全て無駄となりますし、「婚活をしているのに結婚が出来ない」と親や友達から馬鹿にされる事にもなりかねません。

そこで今記事では、

・田舎暮らしの方が避けるべき婚活サービス

・田舎暮らしの方に最適な婚活サービス

 

上記について書いていきます。

「独身のまま30代となり、肩身の狭い思いをしている」、「親からうるさい位、結婚について言われる」といった方は、是非とも参考にしてみてください。

スポンサードサーチ

■避けるべき婚活サービス

自治体主催の婚活パーティー

ご存知の方のいるかも知れませんが、「○○市、○○町にお住まいの方限定コン」、「○○市のスポットを巡る婚活ツアー」といったように、自治体主催の婚活パーティーは数多く開催されています。

しかしながら、自治体主催の婚活パーティー=婚活が上手くいく可能性は低いうえに、デメリットが目立つ婚活方法と言えます。

一見すると、同じ町ないし隣町の異性と出会えるので、カップルになりやすいのではと感じるかも知れません。

ただ、田舎であればあるほど、そもそもの参加者が必然的に少なくなりますし、自分と同世代の方が何名参加するのも不透明です。

そのうえ、田舎はコミュニティが狭い分、「この前の婚活パーティーに参加したって聞いたよ笑」と、婚活パーティーに参加をしている事が、周囲にバレて恥ずかしい思いをする可能性も高いのです。

要するに、『良い相手と出会える確率が低いうえに身バレの心配がある』のが自治体主催の婚活パーティーなのです。

自分自身、「こんな婚活パーティーに人なんか来るのかよ」と感じるはずです。

その直感は正しいと言えます。

地域密着型の結婚相談所

また、地域密着型の結婚相談所も、婚活に利用したとしても無駄に終わる可能性が高いです。

上述した自治体主催の婚活パーティーと同じく、その地域周辺に特化した結婚相談所な分、そもそもの在籍者が少ないため、相手紹介に期待が出来ないのです。

それにも関わらず、高額な入会金と月会費を支払わなければなりませんので、費用対効果は最悪と言えます。

スポンサードサーチ

■最適な婚活サービス

ネット婚活

田舎暮らしの方が避けるべき婚活方法を上記では書きました。

逆に田舎暮らしであっても、それがデメリットにならない婚活方法というのが、「ネット婚活」です。

例えば、マッチングアプリや婚活サイト、オンライン結婚相談所といったように、ネット婚活からイメージできる婚活サービスは数多くあると思います。

ただ、本気で結婚を狙うのであれば、オンライン結婚相談所がベストと言えます。

ベストだと言える理由は、後述します。

オンライン結婚相談所がベストな訳

数あるネット婚活サービスの中でも、オンライン結婚相談所がベストと言える理由としては、単純に婚活への効果が他のサービス以上にあるという事に他なりません。

というのも、マッチングアプリー例えば、無料で利用できるTinderを例に出して言いますと、Tinderの場合、周辺に住んでいる方、周辺でログインをした方のデータが優先的に表示されます。

そうなってしまった場合、上述した避けるべき婚活サービスと同様の問題(※田舎すぎてそもそもの利用者がいない)が発生してしまいます。

結果的に、時間を無駄にする事になってしまいます。

そして、オンライン結婚相談所は、婚活サイトと同クラスの値段で利用が出来るにも関わらず、専属のアドバイザーのサポートを受けられる&在籍者の数が多いという、いわば婚活サイトの上位互換的な存在です。

そのため、オンライン結婚相談所=ネット婚活の中でも利用する価値のあるサービスであり、田舎暮らしという事が出会いの妨げにならない婚活方法なのです。

中でも、「スマリッジ 」は、同じ結婚相談所協会に加盟をしている別の店舗型・オンライン相談所の在籍者のプロフィールの確認およびお見合い申込が出来る事もあり、オンライン相談所の中でも、随一の在籍者数(※50,000名)を誇ります。



そのため、たとえ田舎に住んでいたとしても、出会いがない・出会いの数に不満を感じる事がないのです。

そのうえ、下記記事でも触れていますが、エリア割引という制度も利用できるので、お得に婚活を始める事も可能です。

かくいう私も、群馬県在住ながらスマリッジ を利用していましたが、毎月3名の方を安定的に紹介して貰えましたし、1年かからずに成婚退会を果たす事が出来ました。

スポンサードサーチ

■まとめ

田舎暮らしの方向けの婚活方法を書いていきました。

やはり、田舎で婚活をするうえで一番のポイントとなるのが、「婚活をしている人の数」となります。

そもそも婚活をしている人が少なければ、その分良い人と巡り合えるチャンスが少ないという事ですし、婚活をする意味が無くなるかも知れません。

そのため、上記問題とは無縁なネット婚活に活路を見出すべきなのです。

そして、スマリッジ であれば、毎月4名までの紹介は確約されていますし、3ヶ月間の利用で一度もお見合いまで至らなかった場合、全額返金をしてもらう事も可能です。

下記公式サイトにて、サポートの詳細、資料請求※無料、全額返金保証付きでの申込が可能となっていますので、「周りが全員既婚者で、自分だけが独身」、「職場でも”だから結婚できないんだよ”と馬鹿にされる」、「親からのシングルハラスメントがうるさい」といったように、肩身の狭い思いをしている田舎暮らしの30代独身者は、実際にサポートの内容を見てみたうえで、婚活に利用するかを検討してみるのが良いかと思います。

★スマリッジの公式サイト↓

スマリッジで変わる出逢い

-田舎で30代独身=肩身が狭いと感じている方が試すべき婚活法
-, , , , ,

Copyright© 結婚相談所情報局”マリマリ” , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.