田舎で30代独身=肩身が狭いと感じている方が試すべき婚活法

田舎で30代独身=肩身が狭いと感じている方が試すべき婚活法

投稿日:

The following two tabs change content below.

Seira Tadokoro

28歳の時に結婚相談所を通じて1年ほどで結婚。自分の体験記を交えて、結婚相談所・婚活に関する情報を発信しています。

田舎暮らしで独身だという30代の方の中には、「周りが早々に結婚していて、自分だけ取り残されていて焦っている」、「肩身が狭い」、「職場、親せきからのシングルハラスメントがうるさい」といったように、独身である事で、居心地の悪さを感じている方も多いのではないでしょうか。

あなたの周囲にもいるかも知れませんが、学生時代の友達同士で結婚、クラスメイト同士で結婚といった夫婦も多いのが田舎です。上記のように、昔からのコミュニティの延長線上に結婚があるので、都会と比べて、早くに結婚を決める方が多いのです。

そのため、30代で独身となれば、学生時代のクラスメイトの8割以上が既に既婚者である可能性も高いですし、「あいつまだ結婚してないらしいよ()」といったように、裏で笑われている可能性も無きにしも非ずです。そのうえ、「負け組」、「寂しい人」、「もっと頑張らないと」といったように冷ややかな目で見られやすいのも、田舎あるあるです。

そのまま独身で居続けた場合、上述したような未来が待ち受けています。それを回避したい、あるいは、いま現在独身である事で肩身の狭い思いをしているというのであれば、婚活に目を向けてみるべきです。

スポンサードサーチ

田舎の婚活方法

自治体主催の婚活パーティーは避けるべき

田舎の婚活方法として、一番に挙げられるのが、自治体主催の婚活パーティーかと思います。「○○市、○○町にお住まいの方限定コン」、「○○市のスポットを巡る婚活ツアー」といったように、自治体主催の婚活パーティーは数多く開催されています。

ただ、自治体主催の婚活パーティーの場合、ほとんどの参加者が、各自治体の広報誌、フリーペーパー、ホームページを見て参加をしますので、同地区に住んでいる方となります。一見すると、近場で恋人が見つかって良いと思うかも知れませんが、知り合い(職場の人、友人等)が参加をしている可能性が高く、終始気まずい時間を過ごす事になりかねません。そして、住んでいる地域が田舎であればあるほど、コミュニティが狭くなるため、身元が割れる可能性が高まります。

そのため、ひっそりと誰にも知られる事なく、婚活がしたいというのであれば、自治体主催の婚活支援は、参加をしない方が吉です。

【不満点ばかり?】自治体主催の婚活パーティー=メリットよりデメリットが多い!

幅広い方とやり取りをしたいならオンライン婚活がベスト

田舎暮らしの方の場合、婚活パーティーに行こうにも車で1時間以上、電車で行くとなるとなおかかるという事が多く、マッチングするか(交際関係に発展するかどうか)不透明にも関わらず、多くの時間とお金を費やさなければなりません。そして、上述したように、”近場”での婚活は、リスキーです。

そのため、田舎暮らしの場合、効率よく婚活を進める事の出来るオンラインの婚活サービス(婚活サイト、オンライン結婚相談所等)を用いて、婚活をするのが得策と言えます。

また、オンラインの婚活サービスの場合、同県に住んでいる方は勿論、他県に住んでいる方も登録をしていますし、年齢層も幅広いです。そのうえ、自分の好みの異性が参加するとは限らない婚活パーティーに対して、オンラインの婚活サービスの場合、自分の好み・理想の条件に絞って、相手を探す事が出来るため、婚活に費やした時間とお金が無駄になりにくいという利点もあります。

スポンサードサーチ

試すべき婚活サービス

オンライン結婚相談所の○○が最適

オンラインの婚活サービスの中でも、オンライン結婚相談所の「スマリッジ」の場合、登録者数・サポートの質、成婚率、費用の面で、他のオンライン婚活サービスと比べて、特出しています。



同じ結婚相談所連盟に加盟している店舗の登録会員の情報(※全国5万名以上)も見る事が可能&お見合いの申し込みを送る事が出来るので、出会いの少ない田舎暮らしであっても、自分と年齢の近い方、自分と趣味が合う方を見つける事が容易なのです。

また、婚活中に、不安に感じる事があれば、その都度専属でサポートをしてくれるカウンセラーに相談が出来るため、一人で相手探し⇒やり取りをするよりも、婚活が上手くいきやすいという側面もあります。

体験談

私自身、友達グループで独り身なのが自分だけという状況に焦りを感じた事、親と親戚から「そろそろ結婚しないの?」、「良い相手はいないの?」とうるさい位に結婚について聞かれた、催促されたために、スマリッジを利用しました。

確かに、群馬県に住んでいた事もあり、「田舎住みが登録をしても、あまりいい相手が見つからないのでは」と利用前は懐疑的だったのは事実です。

とはいえ、全額返金保証が付いていた事もあり、「婚活が1ミリも進まなかったらお金戻して貰えばいいや」という気持ちで使い始めたのですが、いざ利用してみると、同県内あるいは近隣県に住んでいる方の中で、自分の相談した内容にマッチする方を毎月6名ほど紹介してくれたので、想像以上に出会いのチャンスがあるなと感じました。

おかげで、約1年ほどで成婚退会を果たす事が出来たので、田舎で独身という事が原因で、肩身の狭い思いをしているのであれば、利用してみる価値はあると言えます。

【感想】20代後半(アラサー)がスマリッジを利用して感じたメリット5選

スポンサードサーチ

まとめ

結婚=して当たり前、結婚=ゴールといった風潮が根強い田舎の場合、30代で独身ともなると、”異端児”扱いされてしまいます。

実際に、うるさい位に独身いじり・シングルハラスメントをされた経験がある方も多いかと思いますし、そういった事を言われなくとも、裏であなたが独身である事についての何かしらの議論はされていると言えます。そして、そういった周囲の圧力から、結婚に対して焦りを感じているというのであれば、迷わず婚活をするのが吉です。

他の事以上に、後になって「あの時しておけば良かった」と後悔しても、もう遅いのが婚活です。30代での婚活と40代での婚活では、相手の反応が大きく変わってきますし、アプローチをしてくれる方の数も大幅に減少します。そのため、思い立ったが吉日、婚活を始めてみるべきなのです。

スマリッジの公式サイト↓

婚活初心者大歓迎!【スマリッジ】

-田舎で30代独身=肩身が狭いと感じている方が試すべき婚活法
-, , , , ,

Copyright© 結婚相談所情報局”マリマリ” , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.