親からのマリハラ(マリッジハラスメント)を辞めさせる方法2選

親からのマリハラ(マリッジハラスメント)を辞めさせる方法2選

更新日:

The following two tabs change content below.

Seira Tadokoro

28歳の時に結婚相談所を通じて1年ほどで結婚。自分の体験記を交えて、結婚相談所・婚活に関する情報を発信しています。

独身の方の中には、「実家に帰る度に、早く結婚しろと言われる」、「親からの結婚へのプレッシャーが半端ない…」といったように、親からのマリハラ(※マリッジハラスメント)がうざいと感じている方も多いのではないでしょうか。

ましてや、結婚願望があるものの、中々良い出会いがないという方であれば、尚更「言われなくても分かってるよ!!!」と言い返したくなるはずです。

そのまま、親からマリハラを受け続けていても、精神衛生上よくありませんし、結婚して欲しい親との折り合いも悪くなる一方となります。

場合によっては、痺れを切らした親が、婚活に介入してきて、勝手にお見合いのセッティングをされるなんて事もあり得ます。

そこで、今記事では、

◆親からのマリハラを辞めさせる方法

 

上記について、書いていきます。

スポンサードサーチ

■マリハラを辞めさせる方法2選

婚活の進捗を報告する

親がなぜ「早く結婚しろ」、「孫の顔が見てみたい」といったプレッシャーをかけるのかと言いますと、あなたが「結婚について、きちんと考えているのか」が不透明で不安だからです。

そのため、その不安を解消してあげる事で、両親からの過剰なマリハラは無くなります。

そして、両親の不安を解消するのに一番最適なのが、『婚活の進捗を伝える』事です。

今は〇〇という婚活サービスを使って相手探しをしている、職場の方と今度食事に行く、良いなと思う人がいる等々、結婚について尋ねられた時に、きちんと現在の婚活状況を伝える事で、「 結婚に向けての努力をしているのね」、「きちんと相手探しをしているなら安心」といったように、両親は納得してくれます。

確かに、婚活が思うように進んでいない場合、再度親からのマリハラが過剰になる可能性はありますが、少なくとも今よりかはマリハラ発言をしてこなくはなります。

そのうえ、相手探しへの介入(※勝手にお見合い話を進める、親同士の代理婚活等)も防ぐ事が出来るため、きちんと伝えるという事は、何よりも大切なのです。

独身で居続ける理由を説明する

とはいえ、いま現在、全く婚活をしていない中で、マリハラ発言を受けているという方の場合、婚活の進捗を報告する事は難しいかと思います。「婚活をしている」と言って、数回はごまかせたとしても、いつか「こいつ婚活していないな」と疑問に思われて、再度マリハラ発言を投げられる事となります。

そのため、婚活をしていない方の場合、『独身で居続ける理由を説明する」のを実践すべきです。

例えば、仕事に没頭しているのであれば、「今は仕事に集中したい」と伝える、没頭している趣味があるのであれば、「今は自分の時間を大事にしたい」と伝える事で、両親も納得してくれるかと思います。

そして、説明をする際に、『結婚する意志はあるものの今じゃない』という事を伝えるのが大切です。

両親は、独身で居続ける理由を聞いて、きちんとした理由であるならば、納得してくれるはずです。

しかしながら、「ずっとそのまま結婚しないのでは…」という不安は残ります。そのため、結婚する意志があるという事を忘れてはいけません。

スポンサードサーチ

■まとめ:きちんと伝えるのが重要

親からのマリハラ(マリッジハラスメント)をストップさせるのに、もっとも重要なのは、『今の自分の考えをきちんと伝える事』です。

親からのマリハラは、「きちんと恋愛をしているのか」、「独り身のまま老後になるリスクを把握しているのか」「何で結婚をしないのか真意が分からない」といった不安の現れです。そのため、その不安を解消するために、伝える事が重要なのです。

そして、上述した2つの事を説明する事で、うざい…と感じるマリハラ発言が無くなるはずです。

ただ、上記の方法は、あくまで”応急処置”のようなものです。

年齢を重ねれば重ねるほど、両親はあなたが一生独身のままなのでは…という不安が強くなりますので、自分の考えを伝えるだけではどうにもならなくなってきます。

そのため、結局のところ、婚活はしておくべきなのです。

ましてや、結婚願望があるのであれば、うざいと感じるマリハラが無くなるとともに、自分にあった相手を見つける事が出来るので、一石二鳥です。

幸いな事に、今の時代は婚活サイトやオンライン結婚相談所といったものを通じて、スマホ・PCから手軽に相手探しが出来る&自分の時間を優先しながら、婚活をするのが容易です。

そして、それが主流となりつつある時代ですので、婚活を始めやすい時代と言えます。

※ゼクシィで有名なブライダル総研の調べでも、1/4人がネット婚活を通じて出会っているという統計結果が出ています。

マリハラに対して、うざいと感じるという事は、心のどこかでは、結婚に対して憧れを抱いているのだと思います。

それであるならば、「あの時婚活に力を入れておけば良かった」と、誰からもアプローチされない歳になって後悔するのではなく、思い立ったが吉日、婚活をスタートさせてみるべきなのです。

中でも、オンライン結婚相談所の「スマリッジ」であれば、毎月一定人数の候補者の厳選と、逐一担当アドバイザーに電話相談・メール相談が可能となっているため、ネットを用いた婚活方法の中でも、特に質の良い婚活をする事が出来ます。

そのうえ、お試し期間として、利用開始から3ヵ月間は、連絡一つで支払った分の料金の払戻しにも応じてくれるため、損をせずに、ネットを使った出会いはどうなのかを確かめる事が出来ます。

下記公式サイトにて、サポートの詳細および申し込みが可能です。

★スマリッジの公式サイト↓

婚活初心者大歓迎!【スマリッジ】

記事下アドセンス

記事下アドセンス

-親からのマリハラ(マリッジハラスメント)を辞めさせる方法2選
-, , , ,

Copyright© 結婚相談所情報局”マリマリ” , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.