【拒否される?】既往歴あり・持病持ちだと結婚相談所への入会は出来ない?

【拒否される?】既往歴あり・持病持ちだと結婚相談所への入会は出来ない?

投稿日:

The following two tabs change content below.

Seira Tadokoro

28歳の時に結婚相談所を通じて1年ほどで結婚。自分の体験記を交えて、結婚相談所・婚活に関する情報を発信しています。

独身でいる事に寂しさを感じている方であれば、そろそろ婚活を始めたいと思っているはずです。そして、数ある婚活方法の中でも、結婚相談所の利用を検討している方もいるのではないでしょうか。

結婚を前提としたお付き合いがしたいと考えている方のみと出会えるため、婚活方法の中でも、特に真剣交際に発展しやすい方法だといっても過言ではありません。

しかしながら、既往歴がある方、あるいは、持病持ちで現在も定期的に通院しているという方の場合、『そもそも結婚相談所に入会できるのか心配』、『病気を理由に入会拒否されるのでは』といったように、結婚相談所を利用する事が出来るのか気になるという方もいるはずです。

スポンサードサーチ

既往歴あり・持病持ちの方の利用に関して

病気を理由とした入会拒否はあり得る?

就職支援の場合、身体・知的・精神障害者を専門とした就職支援があることに加えて、厚生労働省直々に、持病持ちの方を対象とした就労政策をしている等々、分かりやすく健常者との区切りを図っていますが、結婚相談所の場合は、病気によって、入会拒否の憂き目に合う可能性は、限りなく低いと言えます。

というのも、入会条件の項目に、既往歴ありあるいは、持病持ちで現在も通院中の方は、利用できないと書かれている相談所はほぼほぼないためです。そのため、仕事に支障をきたしていないレベルの病状であれば、病気を理由に入会を断られるという事はないと言えます。

既往歴や持病は申告しなくてもバレない?

中には、既往歴がある事、持病を持っている事を隠して婚活をしたいと考えている方もいるかと思います。ただ、結婚相談所の場合、顔写真、名前、年齢、職業、年収、趣味、自己PR、担当者からの紹介があなたのプロフィールとして掲載されるだけで、健康面に関する言及はありません。※もしも、既往歴、持病を書くのであれば、自己PRか担当者からの紹介欄となります。

そのため、申告をしなければ、既往歴や持病持ちがバレないと言えます。確かに、入会審査の際に、各種書類の提出が求められますが、基本的には、独身である事を証明する書類、収入が分かる書類、免許証や年金手帳と言った本人確認書類といったもののみで、既往歴が分かるものの提出はしません。

そのため、既往歴や持病持ちは、申告しなければバレないのが現状です。しかしながら、既往歴あり、持病持ちだという事を隠して、異性と知り合ったとしても、どこかのタイミングで健康面の事は話さなければなりません。特に、持病持ちで現在も通院している方であれば、必ず話さなければいけない部分と言えます。

そして、相手によっては、病気を隠していた事が仇となり、交際終了に至ってしまう可能性もあり得ます。そのため、たとえバレないからといって、担当者に伝えなかったり、プロフィールに書かないよりも、素直に全部を申告して、ありのままの自分を愛してくれる人を探すべきだと言えます。

スポンサードサーチ

■入会後に関して

既往歴や持病持ち=婚活に不利?

結論から言いますと、既往歴や持病持ち=婚活に不利だと言わざる負えません。

やはり、結婚相談所に登録をして、婚活をしている方は、この先何十年も生活を共にする相手を探している方が基本ですので、死のリスクや、一緒に居た場合に感じる負担を連想しやすい、既往歴や持病持ちの方は、敬遠されてしまう傾向にあります。

仮に、婚活が不利になる事を恐れて、申告しなかったとしても、交際期間中に「実は…」と切り出して、玉砕する可能性が高いので、申告するしないに関わらず、婚活は不利になるという事を頭にいれておかなければなりません。

利用価値はある?

「婚活に不利になるのでは、利用価値はないのでは」と感じるかも知れませんが、恋愛・結婚に関するノウハウが豊富なプロのカウンセラーの方から、徹底的にサポートを受ける事が出来るため、利用価値がないという事はありません。

自分に変わって、相手にアピールもしてくれますし、婚活に関する悩み相談も随時乗ってくれますので、今以上に婚活が前に進むのは確実です。

また、結婚相談所=登録会員数が数万名規模が基本となるため、出会いのチャンスが広がるという点でも、十分利用する価値はあると言えます。ましてや、「普段全く出会いがない」、「寝る前に、恋人がほしいと感じる夜がある」といった方であれば、尚更利用して良かったと感じるはずです。

スポンサードサーチ

まとめ

既往歴あり・持病持ちの方の結婚相談所の利用に関して書いていきました。

確かに、結婚相談所を利用したとしても、病気による婚活への”悪影響”を、感じる瞬間は訪れるかと思います。ただ、担当の方が、随時相談に乗ってくれる&自分の提示した条件に見合った方を毎月複数名挙げてくれる点を考えると、他の婚活方法以上に、病気による悪影響を感じずに、婚活が出来るとは言えます。要するに、マイナスをゼロにする事は出来ないけれども、限りなくゼロに近づける事は可能だという事です。

また、冒頭でも書いたように、病気を理由としての入会拒否は、基本的にはあり得ないと言えますので、婚活をしようか迷っているという方であれば、婚活への意欲が湧き出ているうちに、入会申込をしてみるのが吉です。

やはり、何事も先延ばしにすればするほど、やろうと思っていた事への関心が無くなり、結局何もしない事を選択しがちです。婚活に当てはめた場合、それは、ただただ婚期を逃して、負け人生と揶揄される道に自分をいざなう事となりますので、それが嫌なのであれば、意欲的なうちに行動するべきだと言えます。

例えば、私も婚活の時に利用した「スマリッジ」であれば、結婚相談所では破格な料金設定&わざわざ店舗に行かずとも、すぐさま電話・メールにて相談&相手の紹介を受けられるため、結婚相談所の利用が初めてという方であっても、登録しやすく、満足の行く婚活がしやすいはずです。

下記公式サイトにて、サポートの詳細&申し込みに関して確認可能です。

スマリッジの公式サイト↓

はじめる婚活 まじめな出逢い【スマリッジ】

記事下アドセンス

記事下アドセンス

-【拒否される?】既往歴あり・持病持ちだと結婚相談所への入会は出来ない?
-, , , , , ,

Copyright© 結婚相談所情報局 , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.