【男性必見】免許なし・ペーパードライバーでも不利にならない婚活法!

【恋愛対象外にならない】30代・免許なし男性でも不利にならない婚活方法!

更新日:

The following two tabs change content below.

婚活を始めようと思っている30代男性の方の中には、「免許を持っていない=婚活をしても相手にされないのでは?」と不安に感じている方もいるのではないでしょうか。

これまでに”免許を持っていない”と話した際に、「あっ持っていないんだ」と反応された事が多々あるはずです。

その反応が嫌で、”免許はあるけど車は持っていないペーパードライバーだよ”と嘘をついた事がある方もいるかと思います。

そのため、婚活でも、同じようにネガティヴな反応が返ってくるのではと不安に感じてしまう気持ちも分かります。

確かに、免許を持っていない男性=婚活においては不利です。ましてや、30代ともなれば尚更です。

30代にもなって、他の人が当たり前に取得している物を持っていないとなれば、女性も「この人難ありなのでは」と疑問を感じます。

中には、免許を持っていないだけで、恋愛対象外にする女性もいます。

それもそのはず、子供が生まれた際に、免許を持っていない旦那となれば、何かと不便だからです。

ペーパードライバーならまだしも、免許を持っていないとなれば、子供の送り迎えも出来ない、旅行に行くのも一苦労…、そうした結婚後の生活を考えた場合、女性的には免許を持っていない男性=ありえないのです。

ただ、だからと言って、絶対に結婚出来ないという事ではありません。

免許を持っていないというデメリットが不利にならない婚活方法もあります。

それが”結婚相談所への相談”です。

今記事では、

◆免許を持っていない男性=結婚相談所を通じた婚活がベストな理由

 

上記について書いていきます。

スポンサードサーチ

免許を持っていない男性=結婚相談所を通じた婚活がベストな理由

気にしない人とだけやり取りが出来る

先ほども書いた通り、結婚相談所であれば、免許を持っていない30代の男性であっても、それが不利になる事はありません。

というのも、結婚相談所の場合、”自分に興味を示してくれる女性とだけやり取りする事が出来るため”です。

結婚相談所を通じた婚活は、「担当アドバイザーの紹介」によって、進みます。

そして、紹介される相手というのは、あなたが担当アドバイザーに相談をした内容通りの女性です。

例えば、「免許を持っていない事が不安…」と伝えれば、免許なしでも気にならない女性を紹介してくれるのです。

「そんな人いるの…?」と思うかも知れません。確かに、冒頭でも書いた通り、免許なし30代男性=高確率で恋愛対象外に位置付けられる存在です。

とはいえ、「子供が出来たとしても、男性は仕事で忙しくて、子供の送り迎えは出来ないし、私が免許を持っているから別に心配ない」、「都心部に住んじゃえば、車は不要」といった考えの方も中にはいます。

ましてや、結婚相談所の登録会員数は、数万人規模です。細かく条件を絞ったとしても、絶対に二桁数の女性は希望条件に該当します。

そのため、免許なしであっても、それを理由に婚活がうまくいかないという事はないのです。

婚活パーティーのように嫌な思いをしない

相手探しの方法としては、結婚相談所よりも婚活パーティーの方がポピュラーに感じるかと思います。

ただ、婚活パーティーの場合、結婚相談所のように、自分に興味を示してくれる女性とだけやり取りをするという事は不可能です。

参加女性全員と一通り会話をしなければならず、そのほとんどが、免許なし男性=恋愛対象外に位置付けている女性です。

そのため、免許の話になれば、「あっ免許持っていないんだ…。」という嫌な反応が返ってくるのは確実です。

そのうえ、免許を持っていない男性=あり得ないと思っているため、あなたが免許なしだと分かった途端に、それまで普通に会話をしていたのに、途端に適当な相槌しか打たなくなる、スマホをいじりながら、あなたの話を聞くなど、露骨に対応が変わります。

ですので、婚活パーティーに参加をしたところで、嫌な思いをして結局独りで帰宅となる可能性が高いのです。

担当アドバイザーが婚活をトータルサポート

免許を持っていない男性の中には、”免許を持っていないし…”とこれまで恋愛に積極的になれなかったという方も多いと思います。

当然、恋愛に慣れていない状態で婚活を始めたとしても、うまくいきません。

ただ、結婚相談所の場合、担当アドバイザーが婚活をトータルサポートしてくれます。

プロフィールの文章作成、LINEの返信内容、デートプラン、デート時の服装など、女性から”良い男”に思われるためのアドバイスを常にしてくれるのです。

そのため、どんな男性であっても、出会いが交際に結びつきやすいのです。

スポンサードサーチ

■まとめ

ペーパードライバーならまだしも、免許自体持っていないとなれば、婚活が不利になるのは避けられません。

しかしながら、結婚のために免許を取るための時間がないと思います。仕事で地位を確立し始めている30代であれば、尚更仕事に穴を開ける事は難しいはずです。

そのため、「結婚したいけど、免許がないのが不安」という方は、それが不利にならない婚活方法を実践すべきなのです。上述の通り、結婚相談所であれば、それを可能にしてくれます。

そのうえ、今ではオンライン結婚相談所もあり、手軽かつ低価格で婚活を始める事が出来ます。

例えば、オンライン結婚相談所の「naco-do」は、店舗型の従来の相談所と比べて、婚活費用が1/6ほどの価格で始められます。

月額料金だけを見ても、婚活パーティーに一回参加するのと大差ありません。

それにも関わらず、「免許なしでも気にしない」、「自分が運転好きなので、相手にそういった部分は求めていない」といった”脈あり”女性とだけやり取りをする事が出来るので、他の婚活方法以上にコスパに優れています。

2ヶ月以内に初デートが成立した割合=93%、3人に1人が1年以内に婚約という数字を見ても、いかに出会いが多いかが伺えるはずです。

【2ヶ月で交際出来る!】naco-do(ナコード)=スピード婚実現に最適と言える3つの理由

【2ヶ月で交際出来る!】naco-do(ナコード)=スピード婚実現に最適と言える3つの理由

こうした、「免許なしでも気にしない」という女性に絞って婚活が出来るサービスを利用する事で、たとえ免許を持っていなくとも、結婚は見えてきます。「結婚したいけど、免許がないのが不安」という方は、利用してみる価値があるはずです。

下記公式サイトにて、詳しいサポート内容を確認出来ます。

一読してみてから、婚活に利用するかしないかを判断してみるのが良いかと思います。

◆naco-doの公式サイトはこちら↓

専属サポーター付きで安心婚活!スマホの結婚相談所 【naco-do】

記事下アドセンス

記事下アドセンス

-【男性必見】免許なし・ペーパードライバーでも不利にならない婚活法!
-, , , , , ,

Copyright© 婚活・出会いの情報局”マリマリ” , 2022 All Rights Reserved Powered by STINGER.